読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Free-Style(フリースタイル)

Free(自由)+Style(行動・考え方)=Free-Style(自由な生き方) をテーマに生きているの者のブログです。主に、公式ブログFree-Style(フリースタイル)でアクセスが多かった記事のまとめです。

グーグル、検索順位の強制下げ続々 不適切な手法横行で。しかし当ブログのアクセスには影響なしも、なぜかアダルトサイトとして認識される(笑)


この記事を簡単に言うと

Googleの検索アルゴリズムについて何か大きな動きがあったようだ。

・3/9の朝日新聞「グーグル、検索順位の強制下げ続々 不適切な手法横行で」について紹介。
主な内容は次の通り

ガイドラインに反する不適切な手法で検索結果の表示順位を引き上げたとして、企業サイトやまとめサイトの順位を強制的に下げるペナルティーを相次いで科していた

朝日新聞社が実施したアンケートでは、回答した72社のうち23社が最近5年間にグーグルからガイドライン違反の通知や警告などを受け、2012年7月~16年4月に順位を引き下げるペナルティーを科されていた。

・ブログのアクセス数がゴミ同然なので、当ブログへの影響はなし。
ただ、今まではTwitterまたはにほんブログ村からの流入が中心だったが、この頃から“google”や“Yahoo”などの検索エンジンからのブログ訪問者の割合が激増したのは確かだ。

・アクセスや収益が増え始めてきているのはいいのだが、livedoorブログがこのブログを“アダルト”と認識しているのはちょっとイタイ(笑)
個人的にはどうでも良い問題だが、読者側から見ると印象は良くない。

・ネットだけで飯を食べている“専業アフィリエイター”と、SEOやネット素人である“私”の戦略とは。


↓公式ブログ
Free-Style(フリースタイル)

 


 


Twitterのツイートをチェックしてますと、Googleの検索機能について何か大きな動きがあった模様。
8e1e172393387c993accfddfa2611f0a-e1486134337831


■グーグル、検索順位の強制下げ続々 不適切な手法横行で
以下は昨日3/9の報道内容

ネット検索大手グーグルが、同社のガイドラインに反する不適切な手法で検索結果の表示順位を引き上げたとして、企業サイトやまとめサイトの順位を強制的に下げるペナルティーを相次いで科していたことが分かった。
ペナルティーは、多数の上場企業にも広がっている


朝日新聞は2月、IT・サービスや金融、小売り、教育など検索を通じて顧客獲得を図る12業種の上場100社(ホールディングス傘下も含む)にアンケートを実施。
回答した72社のうち23社が最近5年間にグーグルからガイドライン違反の通知や警告などを受け、2012年7月~16年4月に順位を引き下げるペナルティーを科されていた

先月3日には、グーグル日本法人が検索結果の順位を決めるアルゴリズム(情報処理の手順)の変更を発表。
朝日新聞の取材では、この前後に、旅行や生活のまとめ情報を提供する人気サイトのうち10件超が順位を大きく落とすペナルティーを受けていた。

生活に欠かせないツールとなった検索システムの中でも、グーグルは世界や日本で9割のシェアを握り、全世界での年間検索数は2兆回超に達する。

 検索上位を確保すれば消費者や他の企業の注目を集め、売り上げ増や顧客獲得に直結するため、サイトを上位に表示させる「検索エンジン最適化」(SEO)という技術を駆使し、時に不適切な手法で上位を狙う企業間の競争が激化。
不正確な情報掲載で批判を浴び、閉鎖に追い込まれたIT大手「DeNA(ディーエヌエー)」の医療サイトのように、利用者不在の手法も横行している。

ペナルティーを受けた各企業は、他サイトなどの記事を許可を得ずに転載・コピー▽他サイトへのリンク数を水増し▽外部筆者に依頼して記事量を水増し――などの手法で検索順位を上げたため、グーグルにガイドライン違反と判断されたとみられる。

 一方で、グーグルは「ユーザーの利便性向上」を理由に、サイト内容の充実などで検索順位を上げる技術開発は認めているものの、アルゴリズムの内容を公表せず、ペナルティーの存在を認めていない
ガイドライン違反の判断基準も詳細を明らかにしていない。このため企業側からは「ペナルティーの基準や仕組みが分かりにくい」(金融会社)として、ルールの透明化を求める声も出ている。

 グーグル日本法人は、朝日新聞の取材に対し「コンテンツ開発者の皆様には『ユーザーにとって有益であること』を第一に開発されることを強くお薦めします」と回答した。


■検索順位変更も、当ブログFree-Style(フリースタイル)は何ら影響はなかった。しかし…
free
このような感じでGoogleの検索アルゴリズムの大きな変更があったみたいですが、このブログに関しては特に影響なし。
というよりこのブログのアクセス数がゴミ同然なので、Googleの方で大きな変更があっても全然なんですよ(笑)

あー、でも確かに最近になってから“google”や“Yahoo”などの検索エンジンからのブログ訪問者の割合は激増したかもです。
2016年の10月にこのブログをリニューアルし、戦略的に記事を書くようにしたんですが、最初の4ヶ月間(2017年1月まで)は9割以上がTwitterまたはにほんブログ村
からの流入でした。
だから“google”や“Yahoo”からの流入はほぼ皆無。

ところが2017年2月を振り返る。ブログを本格的に始めて5ヶ月目、“趣味でブログをしている人”から“アマチュアブロガー”に成長。ブロガーを目指す私にとって飛躍の月になった!の記事でも書いたんですが、

“さくら野百貨店 仙台店”が突然閉店、運営会社の㈱エマルシェに一体何が!?地方経済の限界が目の前に来ている!
15歳で妊娠し16歳で出産した高校生夫婦、その後離婚して「新美もも」としてAVデュー。という話

この2記事をきっかけに、このブログは“google”や“Yahoo”からの流入が9割に逆転してます。
Twitterからのアクセスは最近ではほぼ皆無、にほんブログ村は“株式”関連の記事を上げると多少流入してくる程度です。
まぁこんな感じで激変してますが、ブログアクセスや収益が地味に増えているので、まいいかと思ってあまり気にしてないです(笑)

ただ、アクセスや収益が増え始めてきているのはいいのですが、livedoorブログがこのブログを“アダルト”と認識しているのはちょっとイタイでしょうか…
free1
一般的な“日記”のカテゴリーに戻してと何回か申請しても、全部弾かれます。
何でだ…
まぁ、個人的にはどうでも良いことなんですが、livedoorブログ経由で初めてこのブログを訪問された方が“アダルト”という文字を見れば、あまり良い印象を持たれないでしょう。
アダルト要素ほとんどないのになぁ…

おそらく、
15歳で妊娠し16歳で出産した高校生夫婦、その後離婚して「新美もも」としてAVデュー。という話
・ランシステムの株主優待を使って自遊空間のVRのAV男優体験をしてみた
の2記事のアクセスが凄いので“アダルト”として認識されたのでしょう。
でも、記事数で見ると全体の0.5%未満なんですけどね(笑)
にも関わらず“アダルト”として認識されるとは…


■ビクビクする専業アフィリエイターと“個人”として戦う私
さて今回のGoogle事件ですが、ネットだけで稼いでいる“専業アフィリエイター”の方にとってはビクビクものです。
googleなどの検索順位が下がれば、それに伴って収益も減少。
アフィリエイト”だけで食べている人にとっては死活問題です。

複数のサイトを運営されている方であればリスク分散できた事例ですが、私のように1つのサイトしか運営されていない方はかなり厳しいものとなるでしょう。
私の場合、テーマを絞って特化型のアフィリエイトサイトであれば儲かるとよくアドバイスを受けますが、このようなgoogleアルゴリズム変更の度に神経質になるのは嫌だったので、このように総合系のブログにしました。
また、アフィリエイト事情も頻繁に変更されることも要因。
報酬率は頻繁に変わりますし、アフィリエイトプログラム自体終了となるケースも結構あります。

そんな状況では、私のような素人は対処しきれません。
そんな素人である私が、ネットでどのような戦略を立てて戦っていくか。
それは“自分”をブランド化することだと思っています。
今さら“SEO対策”を本格的に勉強し始めてもプロに勝てるわけがありませんし、アフィリエイトに関しては“後発隊”
今まで5年10年以上ネットで飯を食べてきた人に到底敵うはずもありません。

であれば、もはや“個人”として戦うしかない!
若い女性であれば今流行のインスタで自我撮りなどを使って自分をブランド化することは容易なのですが、残念ながら私は男。
しかも中年のおっさんですからね(笑)

となればどういう戦略を立てるか。
私は、私の頭の中をそのままブログへ投影している感じです。
自分で体験したことをそのまま体験記事として上げる。
読んだ本や気になったニュースは忘れないようにメモ書きとして記事を書く。
自分が面白いと感じた事やサービス、料理が美味しいお店などを紹介する。
など、自分の頭の中をありのままに晒している感じです。

事業的な感じではなくあくまでも私的なブログとなっているため、アクセスはゴミのような感じですし収益は小遣い程度にもなっていません。
でも、自分がおもしろいと感じたことを素直な気持ちで毎日書き続けていれば、いつか理解してくれる人も集まってくるだろうと思っています。

そうそう、アフィエイト記事やテーマ絞った記事でなく、総合系のブログにした利点。
それはノートやアルバム代わりになるというのがあります。
年齢と共に記憶力が低下するのか、昨日おとといやった事とか食べた物なんてすぐに忘れます。
これは私だけでなく読者の方もそうなんじゃないかなぁ…

おとといの夕食に何を食べたか覚えていますか?(笑)
忘れているでしょ?
人の記憶力なんてその程度。
すぐに忘れてしまうんですよね(笑)

なので総合的な私的ブログにした利点は、ノート・アルバムの代わりに私の記憶や経験をこのブログが記録・記憶してくれること。
4ヶ月前に書いた記事を嫁とブログ記事を見直すと、「あー懐かしいねw」みたいな感じに、会話が弾みます。
ブログ書いてなかったら、その当時の経験はその時の活動として忘れ去られていたことでしょう。
しかし、ブログ記事として記録しておいて後で見直すと、自分の頭の中の記憶がよみがえります。

アクセスも収益も思ったような伸びは見せていないブログですが、まぁ挫折してやる気がなくなるまで続けてみようかなとは思ってます。
これから会社を辞めて失業保険を貰おうとする人のための“初めてのハローワーク通い”講座① まずは、ハロワに行くことから全てが始まる編の記事にした通り、失業保険が切れ、いよいよここから資金面の問題が出始めるはずです。
まぁ、ダメならダメでまた勤め人しながらブロガー目指すということになるのでしょうかね(笑)

 

↓公式ブログ

Free-Style(フリースタイル)