Free-Style(フリースタイル)

ブログタイトルの由来はFree(自由)+Style(行動・考え方)=Free-Style(自由な生き方)。ブログのカテゴリーは「経済・社会」「投資・株」「節約・B級ライフ」「旅行・温泉」「グルメ・お酒」「健康法・医療」の6つのテーマが基本。

20代で隠居生活した大原扁理さん、忙しすぎて人生に行き詰っている人は「HELLO WORLD」の“隠居生活ってどんな感じ?”を参考にしてみるといい!


この記事を簡単に言うと

・20代で隠居生活した大原扁理さんの生き方・考え方がとても参考になるので紹介。
普段から多忙で精神的に参っている人は、ぜひ参考にしてみるといい!

・“大原扁理”さんとはどのような人なのかを理解するには彼の著書年収90万円で東京ハッピーライフ【電子書籍】[ 大原扁理 ]20代で隠居 週休5日の快適生活 [ 大原扁理 ]を一読してみることがおススメ。

・ITや株で儲けてアーリーリタイアとかという、経済的に恵まれた経歴ではない大原さん。
愛知県三河地方の田舎町に生まれ、ごくフツーのサラリーマンの父と、「貧乏」と「借金」が口ぐせの母に育てられた。

・高校卒業後、生活費を稼ぐためのアルバイトを。
くる日もくる日も図書館で借りた本を読んだり、映画を観たり、料理と作ったり、掃除をしたり、寝たり起きたり。
そんな生活を3年間。

・人に会わなさすぎて、口から言葉が出てこなくなった危機感から、世界一周の放浪へ。
帰国後、東京にでも引っ越しをし、一人暮らしを始める。

・今現在は週に2日ほど介護の仕事をして月収7万円で生活。
しかし、困っていることや不満に感じていることはナシ!

・時間がない人は、動画“HELLO WORLD」の隠居生活ってどんな感じ?”を見るといい!
1時間弱の動画で、大原扁理さんを理解することができる。


↓公式ブログ
Free-Style(フリースタイル)

 




↓B級ライフに関する記事
山奥に1万6000ドル(約180万円)でスモールハウスを建てて夫婦と家族で暮らしている、という話。都心にで一軒家を建てるなら、全国各地にスモールハウスを建てた方がオモロイはず

「スモールハウス 3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方」を読んで②、“市民的不服従、法律を犯さずして我が人生を生き抜く方法”編
「スモールハウス 3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方」を読んで①、“物を買うよりもやるべきことがたくさんある”編


何かと忙しくて精神的に参ってしまう現代社会。
多忙すぎて人生に行き詰っている人は20代で隠居生活した大原扁理さんの生き方・考え方を参考にしてみるといいですよ。
002

20代で隠居 週休5日の快適生活 [ 大原扁理 ]


年収90万円で東京ハッピーライフ【電子書籍】[ 大原扁理 ]



■大原扁理さんとは?
“大原扁理”さんとはどのような人なのかを理解する為には、彼の著書である年収90万円で東京ハッピーライフ【電子書籍】[ 大原扁理 ]20代で隠居 週休5日の快適生活 [ 大原扁理 ]を一読してみることをおススメします。
時間がない方は本の冒頭の“はじめに”を読むだけでもOKびっりく
以下は、年収90万円で東京ハッピーライフ【電子書籍】[ 大原扁理 ]の“はじめに”から転用です。


みなさんどうもはじめまして。
大原扁理と申します。

人はあまりわたしのことを知りません。
なぜかというと、「隠居」してるからです。
私は20代で世を諦め、あんまり働かなくなり、いまやほとんどの人間に関わっていないんです。
いいえ、ITや株で儲けてアーリーリタイアとかという、経済的に恵まれた話ではありません。
宝くじも当選してなければ、親の遺産もない。

でもちゃんと生きてます。

詳しくは前著20代で隠居 週休5日の快適生活 [ 大原扁理 ]という本に書いてあるのですが、わたしを知らないほとんどの方のために、ちょっと自己紹介させてください。

わたしは愛知県三河地方の田舎町に生まれ、ごくフツーのサラリーマンの父と、「貧乏」と「借金」が口ぐせの母に育てられました。
割れたガラス窓は段ボールで塞ぐけど、毎日食べるものぐらいはある、それくらいの平凡な低所得者層出身です。

幼い頃から空気を読めず、周囲と話を合わせられず、社会や集団行動が辛くて辛くて、なんで他のみんなは辛くないんだろう…と悩み、なんとなーく奇異な目にさらされながら、なんとか高校卒業までこぎつけました。

大学に行かせてもらえるような家にはないので進学は諦め、かといって就職するのもなーと思ってたら、クラスメイトは全員しっかり卒業し、それぞれの旅路を歩いていってしまいました。
もともと何かに追いつくのが苦手で、いろいろ遅れ気味ではありましたが、このときから本格的にわたしの「乗り遅れ人生」が始まったように思います。
でも、いざ乗り遅れてみたらこれがめちゃめちゃ楽しくて…ここは楽園かと思いましたよ。

高校卒業後、わたしは私生活で他人と会うのを一切やめました。
金は空から降ってはこないので、生活費を稼ぐためのアルバイトだけはしてましたが、それ以外の時間はぜーんぶ趣味につぎこみました。
くる日もくる日も図書館で借りた本を読んだり、映画を観たり、料理と作ったり、掃除をしたり、寝たり起きたり。
携帯ももちろん解約しちゃって、たまたま家電にかかってきた遊びの誘いも全部断って。
楽しい!ほぼひきこもり生活!

それで気が付いたら3年も経っていたんです。
もう毎日毎日楽しくて、ハタチを過ぎたことも気づかなかったくらい。

でもそんな幸せな生活は永遠に続きませんでした。

そろそろ外に出ないとあかんじゃないのか?と思ったのは、人に会わなさすぎて、口から言葉がでてこなくなっちゃったからです。
深海には、光が届かないから目が必要なさすぎて退化しちゃった魚がいますけど、使わない機能って本当に衰えるんだなーと、初めてビビったわたし。
アルバイトのマニュアルはすぐに口をついて出てくるんですけど、マニュアル以外の言葉がマジで出てこない。
どうやって答えていいのかわからん。
やばい。どうしよう。
ということが続き、でもひきこもり楽しすぎるしなー、でもしゃべれないってさすがにやばいよなー、よし、ここはちょっと、ひとりで世界一周してこよ!
となったわけです。

いやー、根は引きこもり気質だから、今、目の前に100万円積まれて世界一周行ってこいったって、お金だけネコババして断りますよ。
でもあのときは、それぐらいの荒療治をしないと、本気でしゃべれなくなるんじゃないかと危惧したんです。
あんまりお金を使わない生活をしてたので、100万円くらいは貯金もありました。
親も最初は反対してたのに、結局さいごには、なけなしの選別を10万円もくれました。

で、行ってみたら、それはそれでまあ楽しくて。
行く先々で住み着いてみれば本を読みあさり、もちろん100万円弱の貯金じゃ足りないので、テキトーに仕事もしてました(←違法です)
観光にもまったく行かず、せっかくニューヨークに行ったのに、自由の女神がどこにあるのかも知らない。
マンハッタンにステイしてたのにミュージカルも観ていない。
ただ地元のデリや図書館で、地元人のように生活をするだけで楽しかった。
わたしって、どこにいても同じようなことしてるんだなー。

ロンドンにも住みついちゃった。
ここでは日本人の大学教授と出会い、チャイナタウンでごはんを食べながら終バスまで話したことがありました。
博学なんで話していると面白いんですよね。
この時の話題が、古~い文学から映画、音楽、そこから宗教や輪廻転生(りんねてんせい)のことまで、自分の中にそんなストイックがあったのか!とビックリしたものです。
もちろn、だいぶ話を合わせてくれていたに違いないのですが、これは明らかに引きこもりの果実だと思った。
人生であんなに本を読んだこと、ないもの。
ひきこもったって、それが吉と出るか凶と出るかは、いっぱい生きてみないとわからないもんだなあ、なんて思ったことでした。

楽しかったロンドン生活を終え、世界一周航空券の期限ギリギリまでアジアをまわって帰国。
そしてわたしは再び華の引きこもり生活へカムバックを果たしたのです。
本当、何も変わっていない。
ていうか、なんで海外とかいったんだっけ?

ただ、自立してひとりで気ままに暮らす楽しさはしっかり覚えました。
これは何物にも変え難い。
よし、もう実家はいいや、ちょっと東京にでも引っ越そう!

東京に引っ越してみたら、物価(特に家賃)の高さにめまいがしました。
杉並区のシェアハウスに毎月なんだかんだで7万円以上払っていたんですから。
コレ、今の私の月収ですよ。
7万円もするとこに住まなくてもいいんですけども。
もっとフツーでいい、フツーで。
それで、生きるのにあんまりお金がかからない場所を求めて、東京西部の多摩地区に引っ越しました。
家賃は半額以下の2万8千円に…これが同じ東京でしょうか?

忙しすぎる仕事も辞めました。
もっとフツーの生活を求めて、仕事を調整しながらだんだんヘラ氏、使うお金も工夫してヘラ氏、そうしてだんだん20代半ばぐらいから、今のような週休5日の悠々自適生活に落ち着いていきました。

とはいえ、昔からこんな能天気な人間だったわけでもありません。
フツーの人と同じように、悩みもあったのです。
今ふりかえると、それも現在の生活スタイルや考え方に明らかに影響しているように思います。

たとえばわたしには、もともとお金や格差に対するネガティブな感情がありました。
多感な年ごろになると、どうやらクラスメイトというのはわたしよりもお年玉のケタが多いとか、ピアノや最新のゲームを買ってもらえるとか、携帯代を親に払ってもらえるとか、学校帰りにファミレスに行くとか、家族で海外旅行に行けるとか、私立の学校に当たり前のように行けるらしい、そんなことばかりが気になってくるものです。

生まれた環境が違うだけで、なんで諦めなければいけないのか。
その怒りがたまって、一時狂ったように万引きしまくっていたことがありました。
もちろんバレて親に殴られ、「こんな家に生まれたくなかった」と言ったら、翌月からお小遣いが6千円ぐらいに跳ね上がっていました。
ただでさえ自分が生まれてお金がかかって申し訳ないのに、月に6千円ももらったら家が潰れてしまう!

本編(年収90万円で東京ハッピーライフ【電子書籍】[ 大原扁理 ])でも書きましたが、わたしが中学を卒業した次の日から即アルバイトをはじめたのはこういう理由だったのです。
もう格差とか関係ない、お金のあるなしと無縁な暮らしがしたい…
わりと早く実現しましたけどね(笑)

もうひとつは、母親が大酒飲みということです。
ウィスキーの業務用4リットル瓶を常備しており、まず起き抜けに1杯。
昼は完全にできあがるので、今でも用事のあるときは朝イチで電話をかけるのがポイントです。

あるとき帰宅したら、飲酒運転で隣の家に車ごと突っ込んでいるところに遭遇。
驚いて表に出てきた隣の人に「警察呼ぶわよ!」と怒鳴っていました(←お前が言うな!)
わたしはこういうふうになってはいけない、と反面教師にするしかなく、現在のストイックな生活が身に付いたのでしょう。
結果良ければすべてよし…と思わないとやってられませんよ、まったく。

どんなこんなで、現在は適度に社会と距離を置き、週に2日ほど介護の仕事をして、たまたま友達とも会ったりして、のんびに生きています。
お金もモノも地位もない質素倹約生活だけれど、これはこれで、まあ楽しいもんです。

これは、社会的成功から乗り遅れまくったら、不幸になるどころか毎日楽しすぎて、ジョーシキ(常識)っていったい何だろう、進学しなきゃいけないとか、就職しなきゃいけないとか、結婚とか子育てとか老後の蓄えとか、資格も技能もマナーもテレビもスマホも友達も、なくても生きていけものばっかじゃん。
もー自分しか信じないもんね。
何が幸せかとか、自分できめちゃうもんね。
おならぶーだ。という本です。

せっかく世の中に乗り遅れちゃったことだし、わたしの体験が少しでもみなさんのお役に立つことがあれば、ちょっと嬉しいかもしれません。

↓続きは公式ブログにて

20代で隠居生活した大原扁理さん、忙しすぎて人生に行き詰っている人は「HELLO WORLD」の“隠居生活ってどんな感じ?”を参考にしてみるといい!



↓B級ライフに関する記事
山奥に1万6000ドル(約180万円)でスモールハウスを建てて夫婦と家族で暮らしている、という話。都心にで一軒家を建てるなら、全国各地にスモールハウスを建てた方がオモロイはず

「スモールハウス 3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方」を読んで②、“市民的不服従、法律を犯さずして我が人生を生き抜く方法”編
「スモールハウス 3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方」を読んで①、“物を買うよりもやるべきことがたくさんある”編