Free-Style(フリースタイル)

ブログタイトルの由来はFree(自由)+Style(行動・考え方)=Free-Style(自由な生き方)。ブログのカテゴリーは「経済・社会」「投資・株」「節約・B級ライフ」「旅行・温泉」「グルメ・お酒」「健康法・医療」の6つのテーマが基本。

“さくら野百貨店 仙台店”が突然閉店、運営会社の㈱エマルシェに一体何が!?地方経済の限界が目の前に来ている!


この記事を簡単に言うと

・本日2月27日、株式会社エマルシェ(店舗名 さくらの百貨店仙台店)が破産手続き開始を決定し、営業を停止してる。

・“さくら野百貨店 仙台店”を運営する“株式会社エマルシェ”による発表については
当社の破産手続き開始決定のお知らせ
商品券、さくら野ポイントなどについて
ご不明な事項、個別の問い合わせについて
さくら野百貨店仙台店 Q&A

・“さくら野百貨店 仙台店”の突然の閉店。
「なぜ…」と思われた方も多いのでは?

 

↓公式ブログ
Free-Style(フリースタイル)

 





本日2月27日、株式会社エマルシェ(店舗名 さくらの百貨店仙台店)が破産手続き開始を決定し、営業を停止しています。
ximage_00000000050_1_jpg_pagespeed_ic_-Rf_UV5ASL


■当社の破産手続き開始決定のお知らせ(平成29年2月27日)
さくら野百貨店 仙台店”を運営する“株式会社エマルシェ”による発表については次の通りです。

当社の破産手続き開始決定のお知らせ
さくら1
さて、突然ではございますが、株式会社エマルシェ(店舗名 さくら野百貨店仙台店。以下「当社」といいます。)は、昨日付で営業を停止し、本日(平成29年2月27日)、仙台地方裁判所に破産手続開始を申し立て、即日、破産手続開始決定を受けましたのでお知らせします。

商品券、さくら野ポイントなどについて
さくら2


・商品券について
当社で販売しました、株式会社さくら野百貨店発行の百貨店共通商品券は、これまでどおり、全国の加盟百貨店においてご使用いただけます。

・さくら野ポイントについて
さくら野ポイントにつきましては、当社ではご利用いただけなくなりますが、株式会社さくら野百貨店が運営する青森店・弘前店・八戸店・北上店の4店舗においてご利用いただけます。

・学生服をご注文されているお客様へ
学生服事業につきましては、株式会社藤崎に事業を継承して当社を通じてお渡しできるように調整中です。
ご注文されたお客様には、詳細が決まり次第、追ってご連絡致します。

当面営業を継続する店舗について
当分の間営業を継続すると予想される賃貸借店舗と連絡先は次のとおりです。
なお、さくら野チャンスセンターについては直通電話がありませんので、営業の有無及び時間のご確認については、後記7記載のコールセンターまでご連絡下さい。

【賃貸借店舗】

1階
ドコモショップ
楽天モバイル
・伊藤豆屋
・さくら野チャンスセンター


2階
・H&M
・ゼクシィー


4階
・ニットソーイングクラブ

5階
ICI石井スポーツ

6階
エルセーヌ

6階・7階
ブックオフ

ご不明な事項、個別の問い合わせについて
さくら3

さくら野百貨店仙台店 Q&A(全般)
さくら11


さくら野百貨店仙台店 Q&A(お客様向)
さくら12


さくら野百貨店仙台店 Q&A(債権者一般向)
さくら13

■<さくら野百貨店仙台>自己破産 負債31億円
以下は、本日の河北新報による報道です。

さくら野百貨店仙台店(仙台市青葉区)を経営するエマルシェ(同)は27日、仙台地裁に自己破産を申請し、破産手続き開始の決定を受けた。
売り上げ減少が主因。代理人の弁護士によると負債額は約31億円で、社員やパートなどの従業員約120人は26日に全員解雇された。

       

食料品など自前の売り場は閉鎖した。
ドコモショップなどのテナントは営業を続けている。
午前10時から取引先など債権者への説明会が市内で開かれ、約200人が出席した。
青森、岩手両県にあるさくら野百貨店青森市の別会社が経営している。

東京商工リサーチ東北支社などによると、2006年2月期に193億2600万円の売り上げがあったが、郊外や近隣店舗との競争が激化。
人気ブランド「H&M」などテナント誘致に力を入れたが業績悪化に歯止めがかからず、16年2月期の売り上げは79億3900万円まで落ち込み、4期連続の赤字となった。

同社は1946年創業の丸光(仙台市青葉区)が前身。
78年に丸光など東北の百貨店5社が経営統合して百貨店連合を設立。
大手スーパー、マイカル(旧ニチイ)傘下として「ダックシティ」「ダックビブレ」と社名を変更しながら東北で6店舗を経営した。

01年9月に経営悪化から民事再生法適用を申請。
02年9月からさくら野百貨店に社名変更して再スタートを切った。
05年4月に青森、北上など5店舗の経営を別会社に譲渡。
10年8月からエマルシェとしてJR仙台駅前にある仙台店のみを経営していた。

安藤俊社長は「ご迷惑をお掛けするお客さま、お取引先さまに心からおわびを申し上げます。70年の歴史のあるさくら野百貨店仙台店をこのような形で閉じることについては痛恨の極みというほかありません」とのコメントを出した。


■“さくら野百貨店 仙台店”が突然閉店!なぜ…
お知らせにある通り、今回の件は本当に突然のこと。
「なぜ…」と思われ、驚かれた方も多いのではないでしょうか。

さくら野百貨店 仙台店といいますと、宮城県仙台市の仙台駅から徒歩3分と、駅の真ん前にある巨大デパートです。
東北で一番人が集まる“仙台駅前”で、このような倒産が起きているのです。
地方都市経済が疲弊しており、“地方経済”の限界が見え始めています。

今後どういった動きを見せるか。
注目です。

↓公式ブログ
Free-Style(フリースタイル)