読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Free-Style(フリースタイル)

Free(自由)+Style(行動・考え方)=Free-Style(自由な生き方) をテーマに生きているの者のブログです。主に、公式ブログFree-Style(フリースタイル)でアクセスが多かった記事のまとめです。

「居酒屋「塚田農場」、既存店33カ月割れの理由。地鶏ブーム終焉で焼き鳥店に転換も」 飲食の優待銘柄を保有している投資家は必見!


この記事を簡単に言うと

東洋経済ONLINEにて、「塚田農場」を運営するAPカンパニーに関する記事があったので紹介。

・記事の主な内容は次の通り

地鶏料理を売りにした居酒屋「塚田農場」を運営するAPカンパニーが苦境に立たされている。

2月10日に発表した2016年4~12月期(第3四半期)決算は売上高194億円(前年同期比22.3%増)、営業利益は2.6億円(同58.0%減)。

最大の要因は主力業態である塚田農場の不振が続いていること。
塚田農場の既存店売上高は2014年5月から2017年1月まで33カ月連続で前年を下回っている。

今期は出店を抑制し、既存店の建て直しに注力する姿勢
一つ目は、従業員教育の強化、そして2つ目は不採算店の整理。

↓公式ブログ
Free-Style(フリースタイル)

 



ここ1、2年で興味がある“APカンパニー”に関する記事が東洋経済ONLINEにて掲載されていたので、紹介したいと思います。
特に、飲食系の優待銘柄を保有されている投資家の方は必見です。
picture


■居酒屋「塚田農場」、既存店33カ月割れの理由。地鶏ブーム終焉で焼き鳥店に転換も

地鶏料理を売りにした居酒屋「塚田農場」を運営するAPカンパニーが苦境に立たされている。

2月10日に発表した2016年4~12月期(第3四半期)決算は売上高194億円(前年同期比22.3%増)、営業利益は2.6億円(同58.0%減)。
第2四半期の決算説明会で、同社の米山久社長は「成功体験にしがみつきすぎた。塚田農場のブームは去った感がある」と反省の弁を述べた。

売上高は弁当事業など新事業の上乗せで、増加は続いている。
減益の要因は、弁当や海外など新規事業への投資増、事業拡大に伴う本部費用の増加もあるが、最大の要因は主力業態である塚田農場の不振が続いていることだ

塚田農場は、宮崎県日南市など、自社・提携先の養鶏場で地鶏を生産し、流通を省くことで消費者向けの提供価格を安くするという生販直結モデルで有名だ。
現在は、宮崎県日南市から提携先を増やし、「宮崎県日南市・日向市 塚田農場」「鹿児島県霧島市 塚田農場」「北海道シントク町 塚田農場」といった3業態を展開している。

接客面でも「名刺システム」といった特徴がある
来店1回目で「主任」と書かれた名刺を渡され、来店2回目で「課長」、5回目で「部長」と来店を重ねるごとに出世し、肩書に合わせたサービスが受けられる。
他にも「従業員が客に向けたメッセージを料理皿にチョコレート等で書く」プレートサービスが知られている。

居酒屋が軒並み苦境に陥る中、APカンパニーはこうした独自の仕組みを武器に、2007年から塚田農場ブランドの店数を増やし、2013年には上場を果たした

だが2012年には、居酒屋最大手モンテローザが地鶏料理を提供する居酒屋「山内農場」を立ちあげ、現在は200店超を展開するなど競合も台頭。
塚田農場の既存店売上高は2014年5月から2017年1月まで33カ月連続で前年を下回っている

にもかかわらず、APカンパニーは前2016年3月期に塚田農場を33店舗を出店。
結果、山手線圏内など都心で自社競合を起こすこととなった。
「メディアに取り上げられ、ブームが最高潮のときはどこに塚田農場を出しても成り立つと立地選定が甘くなっていた」(米山社長)。


■今期は出店を抑制し、既存店の建て直しに注力する姿勢
対策は主に2つある。
一つ目は、従業員教育の強化だ。
急激な出店もあり、2016年3月末の店長の充足率は57%だった。

店長輩出のため、副店長の教育を重要課題と位置付けた。

副店長は入社2~3年目の社員が大半だ。
大久保伸隆副社長が現場に立つ「塚田農場天王洲アイル店」に、各店の副店長を1日2人ずつ招き研修をおこなった。2017年3月末に店長充足率は80%に達する見込みだ。

2つ目は不採算店の整理だ
特に苦戦が目立った東京郊外の小型店など十数店を整理。
新業態としてやきとり店「やきとりスタンダード」「やきとりスタンド」を開発し、「塚田農場」から転換を進めている。

新業態開発の背景は、顧客の低価格志向が強まっていることがある。
塚田農場の平均客単価3500〜4000円に対し、やきとりは同2000円程度に抑えた。
出店費用も塚田農場では1店あたり6000万円ほどかかるが、やきとり店はやや小型のため3000~4000万円(業態転換の場合は400~500万円)に抑えることができる。

APカンパニーのやきとり店は「塚田農場」からの転換を中心に9店となったが、「立地により、好調な店と悪い店がバラバラ」(同社)な状況で、収益改善の起爆剤となるかは未知数だ。

さらに低価格のやきとり業態は、鳥貴族を筆頭に、コロワイドが運営する「やきとりセンター」ほか、地場の飲食店も存在する激戦市場だ。(※関連記事は一番下)
これまで地鶏や鮮魚「四十八漁場」など生販直結による高付加価値で売ってきたAPカンパニーが得意とする市場ではない。

米山社長は「本部コストに10%以上かけるという、調子の良い時の体制を続けていたのが甘かった。1番の売りである商品や本部コストを見直しながら収益を改善していく。この2~3年で投資してきた弁当や海外事業は、来期以降明るい材料として存在している」と語る。

生販直結モデルで、一世を風靡したAPカンパニー、はたして不振を脱却することはできるのか。


※【参考】3175 APカンパニー
都内中心に居酒屋「塚田農場」等を展開。
自社農場で地鶏を育成するなど生産・販売の直結が特徴。

【優待内容】
権利月 3月

100株以上 ご優待券3,000円(※1) または お米券3kg分(※2)
※1 自社グループの直営店舗でご飲食代金としてご利用可。ライセンス店舗(じとっこ、じとっこ組合)ではご利用不可。
※2 お米券とのお引換えをご希望される場合は、封入されたご優待券全てをご返送いただきますと、お米券をご送付いたします。

【10年チャート】
a1

【決算推移】
a2

↓「鳥貴族」に関する記事
期限間近の株主優待消化旅行② 自宅付近に店舗が無い“鳥貴族”を視察
大阪旅行記⑧ 株主ではないけど鳥貴族を視察

↓「コロワイド」(アトム・カッパ・クリエイト)に関する記事
アトムの株主優待を使って「にぎりの徳兵衛」にてランチ、ランチメニュー以外の寿司も食べてみた
アトムの優待を使ってかっぱ寿司を食べる、というのがマイブーム 100円寿司で元を取るための食べ方とは
アトムの株主優待で「にぎりの徳兵衛」の寿司ランチ