読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Free-Style(フリースタイル)

Free(自由)+Style(行動・考え方)=Free-Style(自由な生き方) をテーマに生きているの者のブログです。主に、公式ブログFree-Style(フリースタイル)でアクセスが多かった記事のまとめです。

仰天!エンゲル係数上昇中!日本経済は29年前の1987年へ逆戻り!


この記事を簡単に言うと

総務省より“エンゲル係数”に関する驚きの統計が発表され、話題となっている。
2017年2月2日の日刊ゲンダイの記事がとても興味深かったので紹介。

・記事では
『2016年のエンゲル係数が、29年ぶりの高水準に、消費支出は10ヶ月連続のマイナスとなった。
29年前の1987年の生活水準に戻ったということになる。
エンゲル係数は14年以降23%台で推移してきたが、15年に25.0%を超えた。
16年には25.8%に達した。』
といった内容であった。

・“アベノミクス”は庶民の生活を豊かにするような政策ではなかった。
一部の“大企業”や“投資家”は儲かったが、一般庶民はますます生活が厳しくなった。
昨今問題になっている“高齢化”がそれに追い打ちをかける形に。


↓公式ブログ

Free-Style(フリースタイル)

 



先日、総務省より“エンゲル係数”に関する驚きの統計が発表され、話題となっています。
以下、2017年2月2日の日刊ゲンダイの記事を引用して紹介します。
9bf26e799b6b62b6a9d5a1645cb69dae20170201130833709


■仰天!エンゲル係数上昇中
度肝を抜かれる統計が出た。
2016年のエンゲル係数が、29年ぶりの高水準だったというのだ。

(※エンゲル係数…家計の消費支出に占める飲食費の割合(%)、一般に、エンゲル係数の値が高いほど生活水準は低いとされる。)

きのう(31日)、総務省は12月の家計調査を発表。
消費支出(2人以上の世帯)は31万8488円と実質0.3%減で、10ヶ月連続のマイナスとなった。

「消費支出そのものより、同時に公表されたエンゲル係数に驚きました。12月は27.5%に達し、16年平均では25.8%だといいます。1987年以来の水準です。」(市場関係者)

1987年といえば、国鉄がJRに変わった年だ。
中国では、数百人の学生が天安門広場でデモを行った。
大韓航空機の爆破事件が起きたのも、この年だった。
サラリーマンの平均年収は385万円(2015年は約420万円)。

「生活水準は、その頃に逆戻りしたということです。野菜などの生鮮食品の高騰と、輸入物価の上昇で、エンゲル係数は高まったのだと思います。」(第一生命経済研究所主席エコノミスト熊野英生氏)

エンゲル係数は14年以降、急速に高まった。
それまでは23%台で推移してきたが、15年に25.0%を超えた。


■脱デフレの後遺症
「脱デフレの後遺症が、エンゲル係数の上昇に表れています。政府・日銀の円安誘導によって、14年からの円安傾向が顕著になり、輸入品を中心に値上がりが続きました。一方、サラリーマンの収入はそれほど増加しなかった。物価上昇に収入が追いついていないのが現状です。」(前出の市場関係者)

アベノミクスは庶民の生活を豊かになどしてない。
それを証明するようなエンゲル係数の上昇だ。
(2017年2月2日 日刊ゲンダイ

【参考資料】
エンゲル係数と世帯主が60歳以上の世帯の割合の推移(二人以上の世帯)
108z1


■“アベノミクス”の失敗がじわじわと浮き彫りに
今回紹介した日刊ゲンダイの記事、いかがだったでしょうか?
普段から経済の動向に注目されている方にとっては、結構驚きの統計だったと思います。
そうでない方でも“29年前の生活水準に逆戻り”と言われれば、驚くと思います。
「ニュースでは良いことばかり伝わっているのに、ちっとも景気なんて回復してないじゃないか!」
これが率直な感想かと思います。

それもそのはず。
アベノミクス”とは一般庶民の為の政策ではなく、ごく一部の“大企業幹部・投資家”の懐を潤わせる政策に過ぎないのです。
その結果、“大企業幹部・投資家”はどんどん稼いで資産を増やしていますが、一般庶民は給料が増えず、厳しい生活を強いられています。
国内において、“経済的強者”と“経済的弱者”の格差が日々広がっているのが分かります。

この状況で経済が上に傾くのか?と言われると、答えは“NO”
弱者の資産を搾取し、資産家へと集中し始めているのです。
さらに状況が悪いのは、昨今問題になっている“高齢化”
上のグラフを見れば一目瞭然ですが、年を追うごとに高齢者は激増。
これにより“年金”の財務状況が圧迫されており、働く世代に追い打ちをかけています。

この状況を如実に表している記事を過去にアップしているので、そちれも一読してみて下さい。

↓参考記事
「若い女子はなぜお金を使わなくなったのか」にキレ気味のコメント殺到 「若い世代にお金を回さないからでしょ」

こちらの記事で、いかに若者が“お金”を持っておらず、“資産家”や“老人”へ資金が集中しているのかが分かります。

今日本がやるべきことは、世代関係なく国民全体の“痛み”を分かち合うことなのですが、その痛みは“サラリーマン・OL”に集中し過ぎています。
キツイ仕事をしているのに給料は安い、ほとんど手元に残らないのに“税金”やら“社会保険”やら“出費”やらで全部持っていかれる。
このように苦しい生活に耐えているのに、“資産家”や“老人”達は贅沢三昧。
これで日本経済が上向くか?となると、まず無理でしょう。

とにかく、“アベノミクス”という麻薬の副作用が徐々に出始めているのは間違いなさそうです。
当ブログ
Free-Style(フリースタイル)では、そのような厳しい時代でも生き抜いていく方法を探っていき、読者様に情報配信をしていきたいと思っています。

↓こちらも参考に
「若い女子はなぜお金を使わなくなったのか」にキレ気味のコメント殺到 「若い世代にお金を回さないからでしょ」

最悪の安倍政治が持続するただ一つの理由、植草一秀氏のブログ記事『安倍首相会見よりは格段に健全なトランプ会見』を一読すれば理解できる
安部政権が外国にばら撒いたお金は、何と〇〇兆円!

「室井佑月が経済学者・金子勝に訊く! このまま安倍政権が続いたら何が起きるのか、その恐怖のシナリオとは?」を一読すると、“アベノミクス”がいかに詐欺行為かが分かる!
大竹まこと ゴールデンラジオ!「大竹紳士交遊録」 10/21 金子勝(慶應義塾大学経済学部教授) アベノミクスの限界を語る!

「私が10歳の日本人なら、ただちにこの国を去るでしょう」ジム・ロジャーズが語る!
親日家のジム・ロジャーズが「日本経済の破滅」を予想する最大の理由
ジム・ロジャーズ氏「日本株も円も買わない」

「預金封鎖」が日本で本当に起こる可能性と 個人ができる預金封鎖対策をマンガで解説!の記事がとても興味深い

実例集 こんなに恐ろしい定年ビンボー 退職金なんてあっという間になくなる 離婚は最悪の選択
治療目的で来日して、国保に加入で恩恵享受 外国人の医療費不正受給の実態はコレ