読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Free-Style(フリースタイル)

Free(自由)+Style(行動・考え方)=Free-Style(自由な生き方) をテーマに生きているの者のブログです。主に、公式ブログFree-Style(フリースタイル)でアクセスが多かった記事のまとめです。

保険会社で働く人の多くが「医療保険はバカバカしいので入らない」


この記事を簡単に言うと

・日刊SPAの2017年1月29の記事“保険会社で働く人の多くが「医療保険はバカバカしいので入らない」!? その理由とは”が話題になっているので紹介。

医療保険の保険料には保険会社の運営費が3割ほど含まれている。
1万円入金すると3000円手数料がかかるATM機のイメージとのこと。

・高額の保険料の背景は、“高額の経費”
各社の保険料収入に占める事業費の割合を見る
すると、例えばアフラックで20%超。
大手でも10%前後。
大手の数十分の1の規模である埼玉県民共済が3%程度であることを考慮すると、ものすごく高額。

・保険会社で働く人は“掛け捨ての死亡保険”だけに加入するケースが多い。


↓公式ブログ
Free-Style(フリースタイル)

 



日刊SPAの2017年1月29の記事“保険会社で働く人の多くが「医療保険はバカバカしいので入らない」!? その理由とは”が、ネット上で話題になっているので紹介したいと思います。

■保険会社で働く人の多くが「医療保険はバカバカしいので入らない」!? その理由とは
2617
入院などに備えて医療保険に加入する人は多いが「私の知る限り、保険会社で働く人の多くは『医療保険に入るのはバカバカしい』と考えています」と、保険コンサルタントの後田亨氏。

「入院時の費用など『お金の使途別』に対策をとらないことです。
お金の問題を解決するのはお金ですから、自己資金で払うのが一番。
医療保険に頼ると、数万円程度のお金のためにも保険料を払うことになる。
健康保険の保障もあるのにもったいないということです」

そもそも保険料が高すぎる――と、後田氏は語気を強める。

「保険数理の専門家によると、医療保険の保険料には保険会社の運営費が3割ほど含まれている。1万円入金すると3000円手数料がかかるATM機のイメージです」

高額の保険料の背後には「経費の使いすぎ」という問題も。

「各社の保険料収入に占める事業費の割合を見ると、例えばアフラックで20%超。大手でも10%前後。大手の数十分の1の規模である埼玉県民共済が3%程度の事業費率で運営されていることを思うと、コストがかかり過ぎです」

ちなみに「医療保険に入らない」保険会社の中の人たちは、どんな保険に加入しているのか?

「掛け捨ての死亡保険ですね。自分で出せない1000万円単位のお金は保険に頼る一方で、“貯蓄性”は保険でなくてもできることなので求めない。一般には販売されていない『団体保険』が彼らの間で人気なのは、販売手数料などのコストが低いからです」

団体保険は大手企業などで導入されている。
生命保険に入る前に、国や職場の制度をチェックだ。

 

【後田亨氏】
保険コンサルタント
オフィス・バトン「保険相談室」代表。
生保会社の営業職を経て独立。
近著に『生命保険は「入るほど損」?![本/雑誌] / 後田亨/著』(日本経済新聞出版社




現在加入されている医療保険を見直す、いい機会かもしれません。


↓公式ブログ
Free-Style(フリースタイル)