Free-Style(フリースタイル)

ブログタイトルの由来はFree(自由)+Style(行動・考え方)=Free-Style(自由な生き方)。ブログのカテゴリーは「経済・社会」「投資・株」「節約・B級ライフ」「旅行・温泉」「グルメ・お酒」「健康法・医療」の6つのテーマが基本。

期限間近の株主優待消化旅行② 自宅付近に店舗が無い“鳥貴族”を視察

この記事を簡単に言うと

・1/21(土)に高速バスで東京に向かい、夜19時くらいに到着。
自宅近くに店舗がない“鳥貴族”でディナーを済ませることにした。
今回は、その時の食レポ。

・鳥貴族の株主優待やメニューに関しては、大阪旅行記⑧ 株主ではないけど鳥貴族を視察の記事を参照。

・今回は“角ハイボール”や“ハツ(たれ)”、“キャベツ盛”など様々なものを注文した。
今回の食レポでは大阪旅行記⑧ 株主ではないけど鳥貴族を視察で触れなかったメニューを中心に紹介。

・鳥貴族の魅力的なポイントは3つ
・全品280円(税抜)
・商品提供がスピーディー
・料理もドリンクもボリュームがあり、クオリティーが高い


↓公式ブログ
Free-Style(フリースタイル)

 



↓期限間近の株主優待消化旅行、記事一覧
【予告編】旅レポのタイトル考え中、と、旅を終えて感じたこと
期限間近の株主優待消化旅行① 高速バス移動、羽生PAのお好み鯛焼きがウマい!

1/21(土)高速バスにて東京へ向かい、夜19時頃に到着。
この日の夕食は自宅付近に店舗がない“鳥貴族”で済ませることにしました。
torikizoku

■鳥貴族の利用は今回で4回目、でも実は…
東京・大阪へ旅行へ行った際は、必ずと言って良いほど“鳥貴族”を利用しています。
今回は東京都内の某店舗に行きましたが、“鳥貴族”の利用はこれで4回目。
でも、この4回とも“覆面調査員”としての利用なので、飲食代自体は全くかかっていません。

“覆面調査”に関しては規約があるので詳しくはブログで言えないのですが、機会があれば“有料ブログ”なり“有料メルマガ”を作ってそのノウハウをお伝えできれば良いなと思っています。

さて、今回もこの“鳥貴族”を利用しましたが、相変わらずの混み具合。
まぁ、この日は土曜の夜ということで、当然と言えば当然です。
どんな料理もドリンクも“280円(税抜)”と統一されていて分かりやすい価格設定です。
しかも、商品はスピーディーに届きますし、味やボリュームもそれなりにあります。
だからこそ、大衆に好まれる焼き鳥居酒屋と言えるでしょう。

“鳥貴族”の株主優待やメニューについては、大阪旅行記⑧ 株主ではないけど鳥貴族を視察の記事で触れているので割愛します。


■今回の食レポ、トリキと言えば“キャベツ盛”をまず注文しよう!
ではさっそく食レポ。

キャベツ盛
NCM_9087
トリキと言えば、この“キャベツ盛”でしょう。
無料で何杯でもお代わり自由です。
団体で利用しても、人数分注文する必要もなく1つでOKです。

ハツ(たれ)
NCM_9080
コンビニやスーパーであまり見かけないメニュー。
程よいコリコリ感がたまりません。

鶏しそ巻天ぷら
NCM_9089
前回の大阪旅行記⑧ 株主ではないけど鳥貴族を視察でも注文した一品。
衣のサクサク感と肉の旨みが絶妙です。

とり釜飯
NCM_9090
こんな感じで、釜ごと提供されます。
炊きあがりまで30分以上かかるので、あらかじめ注文しておくとスムーズです。

とり釜飯(中身)
NCM_9092
量的には2人分といったところ。
底のおこげがウマいです。

ワンタンメン
NCM_9094
1人分ですが、〆には2人で分けて丁度良い量。
あっさりとしたスープと程よい固さの麺がたまりません。

■鳥貴族4店舗を視察しての感想
鳥貴族の魅力的なポイントは3つ
・例外なく全品280円(税抜)なので、価格が分かりやすい
・商品提供スピードに力を入れているので、注文するとすぐ届く
・280円という低価格のわりに、ボリュームがありクオリティーが高い

です。

1つ目の“例外なく全品280円(税抜)なので、価格が分かりやすい”
ビールも響ハイボールも、もも貴族もキャベツ盛も全部280円です。
10個注文すれば2800円、20個注文すれば5600円と、会計の計算がしやすいです。
もちろんビールと焼き鳥だけ注文し、600円でチョイ飲みするっていう使い方も全然アリです。

2つ目の“商品提供スピードに力を入れているので、注文するとすぐ届く”
この点に関しては4店舗共に徹底されてました。
ドリンクだと3分以内、料理は10分以内に届き、かなりスピーディーです。
全国各地の飲食店を数百軒調査してきましたが、このスピードはすごいです!

3つ目の“280円という低価格のわりに、ボリュームがありクオリティーが高い”
280円という低価格だと、「焼き鳥が小さい」とか「サイドメニューの量が少ない」とかの声が聞こえそうですが、全くそんなことはないです。
むしろ、焼き鳥に関しては結構大きめですし、サイドメニューに関しても手を抜いておらず美味しくてボリュームがあります。

どの店舗に行っても予約でいっぱいで、待たされるのもうなずけます。
なので、“鳥貴族”を利用する際は予め店舗に出向いて予約しておくことをおススメします。

ということで、こんな感じで鳥貴族のディナーを楽しんできました。
今後もこの“鳥貴族”を利用していき、その食レポ記事をアップしていきたいと思います。

↓期限間近の株主優待消化旅行、記事一覧
【予告編】旅レポのタイトル考え中、と、旅を終えて感じたこと
期限間近の株主優待消化旅行① 高速バス移動、羽生PAのお好み鯛焼きがウマい!


↓公式ブログ
Free-Style(フリースタイル)