読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Free-Style(フリースタイル)

Free(自由)+Style(行動・考え方)=Free-Style(自由な生き方) をテーマに生きているの者のブログです。主に、公式ブログFree-Style(フリースタイル)でアクセスが多かった記事のまとめです。

人生を劇的に変える80対20の法則とは


この記事を簡単に言うと

・人生をい劇的に変えるかもしれない、80対20の法則(パレートの法則)について簡単に紹介。

・要は、わずかなコストがパフォーマンスの大部分を占めているという法則。

・効率的に人生を送るために、80対20の法則が教えてくれることを個条書きで紹介。

・80対20の法則を活かすための5つのポイントとは。


↓公式ブログ
Free-Style(フリースタイル)

 




この記事では、人生を劇的に変えるかもしれない80:20の法則(パレートの法則)について個条書き形式で紹介したいと思います。
ScreenClip



新版 人生を変える80対20の法則【電子書籍】[ リチャード・コッチ ]


■80対20の法則、その概要は?
80対20の法則とは、投入・努力のわずかな部分が、算出・結果・報酬の大きな部分をもたらすという法則です。

例えば
「仕事の成果の80%は、費やした時間の20%の成果から生まれる」
「売上(利益)の80%は、20%の製品や20%の顧客からできている」
などを指します。


■80対20の法則が教えてくれること
この80対20の法則は、人生において何をすべきかを教えてくれます。
以下、個条書きにまとめます。

・努力の平均水準を上げるのではなく、努力を1点に集中する。

・決められたコースを走るのではなく、近道を探す。

・最小限の努力で、人生の支配権を握る。

・網を広げるのではなく、網を狭める。

・多くの分野で平均点を取るのではなく、1つの分野で突出した成績を上げる。

・日常生活で、できる限りアウトソーシングをする。

・よく考えて仕事と会社を選ぶ。
他人に雇われるより、他人を雇った方が良い。

・一番得意とすること、一番楽しいと思うことだけをやる。

・重要な分野では、20%の努力が結果の80%につながるように調整する。

・手当たり次第にチャンスに飛びつくのではなく、気を静め、仕事量を減らし、ゴールへの最短距離に焦点を当てる。

・脂が乗り切った時期に訪れる「幸運の連続」を大切にし、それを元手に将来の成功を確保する。


■80対20の法則を活かす5つのポイント
それでは最後に、80対20の法則をどう活かせばよいのか。
ポイントを5つ列挙します。

1.売上の80%を占める20%の製品に努力を集中する。
その20%の製品を売ろうとする努力が、残り80%の製品を売ろうとする努力の4倍になる制度を作る。
もっとも収益性が高い製品を売ったセールスマンが厚遇する。

2.売上の80%、利益の80%を生み出す20%の顧客に販売努力を集中する。
セールスマンには、売り上げと利益で顧客をランク付けするように教育する。
最良の20%の顧客に、時間の80%を使うように指導する。
その為に、重要ない顧客は無視しても構わないと教える。

大量に買ってくれる少数の顧客のために費やす時間を増やす。
既存製品の販売を伸ばすことが限界ならば、顧客をつなぎ止めるために飛ぶ抜けたサービスを提供し、核となる顧客が求める新製品を発見することに全力を挙げる。

3.商圏を地域別ではなく、売上・利益の規模によって分け、その区分けに応じて、販売チームを編成する。

4.重要でない顧客については、経費を減らし、用事は電話で済ませる。
営業マンが話を聞いていると、顧客のところに足を運ぶ回数が増え、その上人員削減されたこともあり、担当区域の得意先をとても回りきれないという悲鳴が聞こえる。
その場合、1つの解決策は顧客数を減らすことだが、それは最後の手段である。

それより賢明な解決策は、小口の80%の顧客は中央で一元管理し、営業活動は電話で行い、注文も電話で受ける方法だ。
その方が低コストで効率的なサービスを提供できる。

5.過去に大量注文があって、最近は注文が途絶えている顧客があったら、営業マンに足を運ばせる。
これは驚くほど効果が高いセールステクニックなのだが、驚くほど無視されている。

 

↓公式ブログ
Free-Style(フリースタイル)