読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Free-Style(フリースタイル)

Free(自由)+Style(行動・考え方)=Free-Style(自由な生き方) をテーマに生きているの者のブログです。主に、公式ブログFree-Style(フリースタイル)でアクセスが多かった記事のまとめです。

近所の野良“飼い猫”ちゃん、餌付けをして仲良くなろうとしてもなかなか懐かず… 2月下旬の昼下がり、のどかな日向ぼっこの風景


この記事を簡単に言うと

・本日2017年2月25日(土)の午後13時。
家の庭から近所の野良“飼い猫”の鳴き声がしたので、外に出て辺りを見渡してみると、やはりそこにはいつもの“猫”ちゃんが。。。

・私達夫婦は、この野良“飼い猫”ちゃんを“うにょ”と命名。
近所をうにょうにょ出歩いているから(笑)

・“うにょ”には、先月から玄関先にエサを置いて仲良くなろうとしてるが、今だに懐いてくれず…
触ろうと近づくと、逃げてしまう…

・我が家は2階建て賃貸アパートで、“猫”などのペットは飼うことができない。
でも、高層マンションとは違い玄関先にエサを置いておくと様々な猫ちゃん達が食べに来てくれる!
でペットが飼えない賃貸住宅居住者ならではの“猫”の楽しみ方だ。


↓公式ブログ

Free-Style(フリースタイル)

 


 

↓“猫”に関する記事一覧
これだけは知っておこう!猫心
Yahoo!で紹介された「たそがれ猫」がとてもかわいい!
日清ペットフード「ねこちゃんお食事詰め合わせ」をのら猫ちゃんにあげたら、喜んで食べていた
日清ペットフード「ねこちゃんの食事詰め合わせ」が当選!

↓“岩合光昭の世界ネコ歩き”に関する動画
“岩合光昭の世界ネコ歩き ティティカカ湖編”、好奇心旺盛な子猫ちゃんがたくさん登場!
“岩合光昭の世界ネコ歩き 台湾編”、とても人懐っこくてサービス精神旺盛な猫ちゃん。感謝の意味を込めて謝謝(シェイシェイ)”と命名
“岩合光昭の世界ネコ歩き リオデジャネイロ編”、“ビーチの王様”と呼ばれる猫ちゃんが自由奔放過ぎる(笑)


2017年2月25日(土)の午後13時。
午前中に2本ブログ記事をアップしたところで、家の庭から近所の野良“飼い猫”の鳴き声がしたので、外に出て辺りを見渡してみることに。
すると、やはり居ましたよ(笑)
NCM_9792


■近所の野良“飼い猫”、名前は“うにょ”と命名
NCM_9788
こちらの野良猫、普段から外を出歩き廻っていますが、首輪はしているのでどうやら“飼い猫”の模様。
どこの飼い猫なのか不明、名前も分からないので、私達夫婦はこの猫を“うにょ”と呼ぶことにしました。

“うにょ”は嫁が命名。
なぜ“ウニョ”なのかというと、我が家に来たり隣家に行ったり、近所の公園に出没したりと“うにょうにょ”してるから(笑)


■日向ぼっこをする“うにょ”
「何だよw 邪魔すんなよw」
NCM_9773

こちらを気にせずマイペースな“うにょ”
NCM_9774

NCM_9778

NCM_9788

NCM_9790

NCM_9791

NCM_9792

NCM_9795
マイペースすぎ(笑)


■近づこうとすると逃げる“うにょ”
近づいて触ろうとしたんですが、やはり警戒心が強い…
先月から餌付けして仲良くなろうとしてるんですが、いまだに懐かないといった感じです…
NCM_9796

NCM_9797

NCM_9801


■新たな居場所を見つける“うにょ”
「ここが落ち着くにゃーw」
NCM_9805

NCM_9803
日向ぼっこの邪魔してゴメンな!うにょ
でも、毎日餌をあげてるんだから少しくらいは懐いてくれよ(笑)

↓こんな感じで、玄関先に餌置いておくと、食べに来るんです
NCM_9412
我が家は2階建ての賃貸アパートなので、ペットを飼うことはできません。
しかし高層マンションとは違って、こうやって餌置いておくと近所の猫ちゃんが食べに来てくれます。
猫好きでもペットが飼えない賃貸住居者は、こんな感じで“猫”を楽しむことができます。

ちなみに、エサは日清ペットフード「ねこちゃんの食事詰め合わせ」が当選!の記事で当てた、懸賞の当選品や友人・知人からの頂きものです。
初期費用・維持費0円で楽しめる“猫生活”
猫好きにとっては最高です!!

↓“猫”に関する記事一覧
これだけは知っておこう!猫心
Yahoo!で紹介された「たそがれ猫」がとてもかわいい!
日清ペットフード「ねこちゃんお食事詰め合わせ」をのら猫ちゃんにあげたら、喜んで食べていた
日清ペットフード「ねこちゃんの食事詰め合わせ」が当選!

↓“岩合光昭の世界ネコ歩き”に関する動画
“岩合光昭の世界ネコ歩き ティティカカ湖編”、好奇心旺盛な子猫ちゃんがたくさん登場!
“岩合光昭の世界ネコ歩き 台湾編”、とても人懐っこくてサービス精神旺盛な猫ちゃん。感謝の意味を込めて謝謝(シェイシェイ)”と命名
“岩合光昭の世界ネコ歩き リオデジャネイロ編”、“ビーチの王様”と呼ばれる猫ちゃんが自由奔放過ぎる(笑)

グーグル、検索順位の強制下げ続々 不適切な手法横行で。しかし当ブログのアクセスには影響なしも、なぜかアダルトサイトとして認識される(笑)


この記事を簡単に言うと

Googleの検索アルゴリズムについて何か大きな動きがあったようだ。

・3/9の朝日新聞「グーグル、検索順位の強制下げ続々 不適切な手法横行で」について紹介。
主な内容は次の通り

ガイドラインに反する不適切な手法で検索結果の表示順位を引き上げたとして、企業サイトやまとめサイトの順位を強制的に下げるペナルティーを相次いで科していた

朝日新聞社が実施したアンケートでは、回答した72社のうち23社が最近5年間にグーグルからガイドライン違反の通知や警告などを受け、2012年7月~16年4月に順位を引き下げるペナルティーを科されていた。

・ブログのアクセス数がゴミ同然なので、当ブログへの影響はなし。
ただ、今まではTwitterまたはにほんブログ村からの流入が中心だったが、この頃から“google”や“Yahoo”などの検索エンジンからのブログ訪問者の割合が激増したのは確かだ。

・アクセスや収益が増え始めてきているのはいいのだが、livedoorブログがこのブログを“アダルト”と認識しているのはちょっとイタイ(笑)
個人的にはどうでも良い問題だが、読者側から見ると印象は良くない。

・ネットだけで飯を食べている“専業アフィリエイター”と、SEOやネット素人である“私”の戦略とは。


↓公式ブログ
Free-Style(フリースタイル)

 


 


Twitterのツイートをチェックしてますと、Googleの検索機能について何か大きな動きがあった模様。
8e1e172393387c993accfddfa2611f0a-e1486134337831


■グーグル、検索順位の強制下げ続々 不適切な手法横行で
以下は昨日3/9の報道内容

ネット検索大手グーグルが、同社のガイドラインに反する不適切な手法で検索結果の表示順位を引き上げたとして、企業サイトやまとめサイトの順位を強制的に下げるペナルティーを相次いで科していたことが分かった。
ペナルティーは、多数の上場企業にも広がっている


朝日新聞は2月、IT・サービスや金融、小売り、教育など検索を通じて顧客獲得を図る12業種の上場100社(ホールディングス傘下も含む)にアンケートを実施。
回答した72社のうち23社が最近5年間にグーグルからガイドライン違反の通知や警告などを受け、2012年7月~16年4月に順位を引き下げるペナルティーを科されていた

先月3日には、グーグル日本法人が検索結果の順位を決めるアルゴリズム(情報処理の手順)の変更を発表。
朝日新聞の取材では、この前後に、旅行や生活のまとめ情報を提供する人気サイトのうち10件超が順位を大きく落とすペナルティーを受けていた。

生活に欠かせないツールとなった検索システムの中でも、グーグルは世界や日本で9割のシェアを握り、全世界での年間検索数は2兆回超に達する。

 検索上位を確保すれば消費者や他の企業の注目を集め、売り上げ増や顧客獲得に直結するため、サイトを上位に表示させる「検索エンジン最適化」(SEO)という技術を駆使し、時に不適切な手法で上位を狙う企業間の競争が激化。
不正確な情報掲載で批判を浴び、閉鎖に追い込まれたIT大手「DeNA(ディーエヌエー)」の医療サイトのように、利用者不在の手法も横行している。

ペナルティーを受けた各企業は、他サイトなどの記事を許可を得ずに転載・コピー▽他サイトへのリンク数を水増し▽外部筆者に依頼して記事量を水増し――などの手法で検索順位を上げたため、グーグルにガイドライン違反と判断されたとみられる。

 一方で、グーグルは「ユーザーの利便性向上」を理由に、サイト内容の充実などで検索順位を上げる技術開発は認めているものの、アルゴリズムの内容を公表せず、ペナルティーの存在を認めていない
ガイドライン違反の判断基準も詳細を明らかにしていない。このため企業側からは「ペナルティーの基準や仕組みが分かりにくい」(金融会社)として、ルールの透明化を求める声も出ている。

 グーグル日本法人は、朝日新聞の取材に対し「コンテンツ開発者の皆様には『ユーザーにとって有益であること』を第一に開発されることを強くお薦めします」と回答した。


■検索順位変更も、当ブログFree-Style(フリースタイル)は何ら影響はなかった。しかし…
free
このような感じでGoogleの検索アルゴリズムの大きな変更があったみたいですが、このブログに関しては特に影響なし。
というよりこのブログのアクセス数がゴミ同然なので、Googleの方で大きな変更があっても全然なんですよ(笑)

あー、でも確かに最近になってから“google”や“Yahoo”などの検索エンジンからのブログ訪問者の割合は激増したかもです。
2016年の10月にこのブログをリニューアルし、戦略的に記事を書くようにしたんですが、最初の4ヶ月間(2017年1月まで)は9割以上がTwitterまたはにほんブログ村
からの流入でした。
だから“google”や“Yahoo”からの流入はほぼ皆無。

ところが2017年2月を振り返る。ブログを本格的に始めて5ヶ月目、“趣味でブログをしている人”から“アマチュアブロガー”に成長。ブロガーを目指す私にとって飛躍の月になった!の記事でも書いたんですが、

“さくら野百貨店 仙台店”が突然閉店、運営会社の㈱エマルシェに一体何が!?地方経済の限界が目の前に来ている!
15歳で妊娠し16歳で出産した高校生夫婦、その後離婚して「新美もも」としてAVデュー。という話

この2記事をきっかけに、このブログは“google”や“Yahoo”からの流入が9割に逆転してます。
Twitterからのアクセスは最近ではほぼ皆無、にほんブログ村は“株式”関連の記事を上げると多少流入してくる程度です。
まぁこんな感じで激変してますが、ブログアクセスや収益が地味に増えているので、まいいかと思ってあまり気にしてないです(笑)

ただ、アクセスや収益が増え始めてきているのはいいのですが、livedoorブログがこのブログを“アダルト”と認識しているのはちょっとイタイでしょうか…
free1
一般的な“日記”のカテゴリーに戻してと何回か申請しても、全部弾かれます。
何でだ…
まぁ、個人的にはどうでも良いことなんですが、livedoorブログ経由で初めてこのブログを訪問された方が“アダルト”という文字を見れば、あまり良い印象を持たれないでしょう。
アダルト要素ほとんどないのになぁ…

おそらく、
15歳で妊娠し16歳で出産した高校生夫婦、その後離婚して「新美もも」としてAVデュー。という話
・ランシステムの株主優待を使って自遊空間のVRのAV男優体験をしてみた
の2記事のアクセスが凄いので“アダルト”として認識されたのでしょう。
でも、記事数で見ると全体の0.5%未満なんですけどね(笑)
にも関わらず“アダルト”として認識されるとは…


■ビクビクする専業アフィリエイターと“個人”として戦う私
さて今回のGoogle事件ですが、ネットだけで稼いでいる“専業アフィリエイター”の方にとってはビクビクものです。
googleなどの検索順位が下がれば、それに伴って収益も減少。
アフィリエイト”だけで食べている人にとっては死活問題です。

複数のサイトを運営されている方であればリスク分散できた事例ですが、私のように1つのサイトしか運営されていない方はかなり厳しいものとなるでしょう。
私の場合、テーマを絞って特化型のアフィリエイトサイトであれば儲かるとよくアドバイスを受けますが、このようなgoogleアルゴリズム変更の度に神経質になるのは嫌だったので、このように総合系のブログにしました。
また、アフィリエイト事情も頻繁に変更されることも要因。
報酬率は頻繁に変わりますし、アフィリエイトプログラム自体終了となるケースも結構あります。

そんな状況では、私のような素人は対処しきれません。
そんな素人である私が、ネットでどのような戦略を立てて戦っていくか。
それは“自分”をブランド化することだと思っています。
今さら“SEO対策”を本格的に勉強し始めてもプロに勝てるわけがありませんし、アフィリエイトに関しては“後発隊”
今まで5年10年以上ネットで飯を食べてきた人に到底敵うはずもありません。

であれば、もはや“個人”として戦うしかない!
若い女性であれば今流行のインスタで自我撮りなどを使って自分をブランド化することは容易なのですが、残念ながら私は男。
しかも中年のおっさんですからね(笑)

となればどういう戦略を立てるか。
私は、私の頭の中をそのままブログへ投影している感じです。
自分で体験したことをそのまま体験記事として上げる。
読んだ本や気になったニュースは忘れないようにメモ書きとして記事を書く。
自分が面白いと感じた事やサービス、料理が美味しいお店などを紹介する。
など、自分の頭の中をありのままに晒している感じです。

事業的な感じではなくあくまでも私的なブログとなっているため、アクセスはゴミのような感じですし収益は小遣い程度にもなっていません。
でも、自分がおもしろいと感じたことを素直な気持ちで毎日書き続けていれば、いつか理解してくれる人も集まってくるだろうと思っています。

そうそう、アフィエイト記事やテーマ絞った記事でなく、総合系のブログにした利点。
それはノートやアルバム代わりになるというのがあります。
年齢と共に記憶力が低下するのか、昨日おとといやった事とか食べた物なんてすぐに忘れます。
これは私だけでなく読者の方もそうなんじゃないかなぁ…

おとといの夕食に何を食べたか覚えていますか?(笑)
忘れているでしょ?
人の記憶力なんてその程度。
すぐに忘れてしまうんですよね(笑)

なので総合的な私的ブログにした利点は、ノート・アルバムの代わりに私の記憶や経験をこのブログが記録・記憶してくれること。
4ヶ月前に書いた記事を嫁とブログ記事を見直すと、「あー懐かしいねw」みたいな感じに、会話が弾みます。
ブログ書いてなかったら、その当時の経験はその時の活動として忘れ去られていたことでしょう。
しかし、ブログ記事として記録しておいて後で見直すと、自分の頭の中の記憶がよみがえります。

アクセスも収益も思ったような伸びは見せていないブログですが、まぁ挫折してやる気がなくなるまで続けてみようかなとは思ってます。
これから会社を辞めて失業保険を貰おうとする人のための“初めてのハローワーク通い”講座① まずは、ハロワに行くことから全てが始まる編の記事にした通り、失業保険が切れ、いよいよここから資金面の問題が出始めるはずです。
まぁ、ダメならダメでまた勤め人しながらブロガー目指すということになるのでしょうかね(笑)

 

↓公式ブログ

Free-Style(フリースタイル)

20代で隠居生活した大原扁理さんの著書「年収90万円で東京ハッピーライフ」、気になった個所のまとめ


この記事を簡単に言うと

・先日、年収90万円で東京ハッピーライフ【電子書籍】[ 大原扁理 ]という本を読んで気になった個所をツイートしたので、その内容についてまとめてみた。

何が幸せと思うかは人によって全然違うんですから
それは「どうすれば自分が幸せか?」を他の誰でもなく、自分自身が知っている事なんじゃないかな

子供の頃から世間にいろんな「ふつう」や「当たり前」を刷り込まれてますけど、世間ほどぼんやりしてあてにならないもんはない

大事なのは嫌いなことで死なないこと
大切なのは「好きなことで生きていく」じゃなくて「イヤなことで死なない」

・ルールって、本当に意味わかんないことが多い
必要ないものを守り続けることで、逆に今暮らしにくくなっちゃってるじゃん

(極貧生活でも)いいこともあります
こんな環境から抜け出したい、と思う原動力にはなりますよね

・昔と比べて随分と選択肢が増えているから、これからもどんどん多様になっていくことは間違いない
だからどれがベストなのかは世間に決めてもらうのではなく、自分で発見していくしかないんじゃないかな

自分の選択した生き方が、正しいとか間違っているとか、何で人に言ったり、証明したり、認めてもらわなきゃいけないんだろう
だってどうでもいいし、それを知ってどうするんだろう、とか思っちゃう


いいとか悪いとか、正しいとか間違っているみたいな、相対的で対立的な価値観って疲れる
自分が正しくなるために必死に間違っている人探して、あるいは無理やり作り上げて否定しなきゃいけないじゃん
めんどくさ

生き方に限らず、何がベストかっていうのはただの幻
あると思えばあるし、ないと思えばない


↓公式ブログ
Free-Style(フリースタイル)

 


 


↓大原扁理さん関連の記事
20代で隠居生活した大原扁理さん、忙しすぎて人生に行き詰っている人は「HELLO WORLD」の“隠居生活ってどんな感じ?”を参考にしてみるといい!


先日、年収90万円で東京ハッピーライフ【電子書籍】[ 大原扁理 ]という本を読んで気になった個所をツイートしましたが、その内容についてまとめてみたいと思います。
20161103-062723_U3260_M214055_e87f

20代で隠居 週休5日の快適生活 [ 大原扁理 ]


年収90万円で東京ハッピーライフ【電子書籍】[ 大原扁理 ]



■年収90万円で東京ハッピーライフ、気になった個所のまとめ

何が幸せと思うかは人によって全然違うんですから
私みたいに2万円台のアパートに住んでても幸せと思える人もいれば、苦しい人もいるし、豪邸に住んでブイブイ言わすのが幸せっていう人もいれば、それがしんどい人もいる
じゃあ、どんな場合にも当てはまる、一番大切なことって何でしょうか?

それは「どうすれば自分が幸せか?」を他の誰でもなく、自分自身が知っている事なんじゃないかな
物事が流れていく方向や状況の変化を的確にキャッチし、自分の感覚を信じて行動する
これさえ知っていればちょっとぐらい流行とか景気とか人間関係、周辺環境が変わっても、その世の中で幸せになれるはず


子供の頃から世間にいろんな「ふつう」や「当たり前」を刷り込まれてますけど、世間ほどぼんやりしてあてにならないもんはない
自分を実感の基準にした方が、後々変わったとしても、人のせいにしなくて済むし、長い目で見ればずいぶんラクに生きられる

好きなことなんかなくても、今すぐ見付けなくても、もっと言えば死ぬまで見付からなくたって、別にいいじゃないですか
大事なのは嫌いなことで死なないこと
これぐらい目標を下に置いておけば、とりあえず絶望はしなくて済みます


どうしても進まなきゃいけないときは、消去法がおススメ
人間やりたいことはわかんなくても、やりたくないことだけは意外と迷わないんですよ
目の前にある選択肢からどれをやりたいかではなく、やりたくないものからどんどん消去す
残った物からこれならまあガマンできるかなというもの選ぶんです


大切なのは「好きなことで生きていく」じゃなくて「イヤなことで死なない」
そんなハードルを高く設定しない方が、後から絶望しなくて済むんです
私なんか30歳にもなって、いまだに何がしたいのか良く分かっていません
私のこれまでの人生は、やったことより、やらなかったことばかりでできてます


ルールって、本当に意味わかんないことが多い
ルールができるからには「こうしたほうがみんなが暮らしやすい」みたいな理由があるはずで、その理由が実生活で成立してなかったら、守る意味もないと思うんですけど
必要ないものを守り続けることで、逆に今暮らしにくくなっちゃってるじゃん


「ルールだからダメ」「それって常識でしょ」みたいな場面に出くわしたら、五感をフル稼働して相手と周囲をよーく観察してみます
その人達がもし目先の「社会的にオッケーとされていること」しか見てないと思ったら適度に無視します


(極貧生活でも)いいこともあります
こんな環境から抜け出したい、と思う原動力にはなりますよね
それで抜け出してみたら、人並みのフツーの生活が、ありがたいったらありゃしない
たまには外食に行ける、誰かのお下がりじゃない服がある、小さくても自分だけの雨風しのげる部屋がある
はー幸せ~


コンビニで働いていてたとき、子供がフツーに万札でドカ買いしていったことがありました
この子の将来、幸せを感じるためにどれだけのカネとモノが必要なんだろう、と老婆心ながら心配してしまった


私の場合は、何かよく分かんないけどこうなっちゃったし、まいっか、としか思ってません
最初から隠居を目指していたわけでもないですし
イヤなのは拒否し続け、快適なものを選んで流れ着いた場所が楽しかったので定住してみましたという感じ
思想とか主義主張も特にない


20年前ぐらいまであり得なかったワークスタイルやライフスタイルがフツーになっている昨今
昔と比べて随分と選択肢が増えているから、これからもどんどん多様になっていくことは間違いない
だからどれがベストなのかは世間に決めてもらうのではなく、自分で発見していくしかないんじゃないかな


自分の選択した生き方が、正しいとか間違っているとか、何で人に言ったり、証明したり、認めてもらわなきゃいけないんだろう
そういう目的で人と比べたりするのって、あんまり興味が持てない
だってどうでもいいし、それを知ってどうするんだろう、とか思っちゃう


いいとか悪いとか、正しいとか間違っているみたいな、相対的で対立的な価値観って疲れる
間違っている何かがないと、自分が正しい側に立てないというのはしんどい
世の中ってそんな風にはできてないと思う
だって特に誰も間違っていない場面って、生きていたら良く遭遇するよね


自分が正しくなるために必死に間違っている人探して、あるいは無理やり作り上げて否定しなきゃいけないじゃん
めんどくさ
そういうのをいちいち判断することからは徹底的に離れて、私は私っていう感じを目指す
そうすると正しさにがんじがらめになる現代社会の風潮から解放されてちょっとラクになる


何がベストかっていう考え方からも、できるだけ離れていった方がラク
がむしゃらに働こうが、ゆっくり生きようが、その人が好きでそういう生き方をしているなら、ライフスタイルに優劣とか特にないと思うし
生き方に限らず、何がベストかっていうのはただの幻
あると思えばあるし、ないと思えばない



なるほど…
人生論において、とても参考になることばかりでした。
上記で紹介したのはごく一部。
ぜひとも年収90万円で東京ハッピーライフ【電子書籍】[ 大原扁理 ]を一読してみるといいですよ。

特に、普段から忙しすぎて“お金”にも“時間”にも切羽詰まっている方。
こちらの本を読めば、だいぶ気が楽になること間違いなしです!


20代で隠居 週休5日の快適生活 [ 大原扁理 ]


年収90万円で東京ハッピーライフ【電子書籍】[ 大原扁理 ]



↓大原扁理さん関連の記事
20代で隠居生活した大原扁理さん、忙しすぎて人生に行き詰っている人は「HELLO WORLD」の“隠居生活ってどんな感じ?”を参考にしてみるといい!

コロワイドグループのレインズインターナショナルが運営する“しゃぶしゃぶ温野菜”でディナーを楽しんだ!株主優待は使えないけど、無料で“生卵”食べ放題はコスパ高し!

 
この記事を簡単に言うと

・先月3/19(日)に“しゃぶしゃぶ温野菜”でディナーを楽しんできたので、その時の様子を紹介。

・“しゃぶしゃぶ温野菜”はコロワイドグループであるレインズインターナショナルが運営。
以前記事にした“にぎりの徳兵衛”や“かっぱ寿司”と同じグループ会社ということになる。
ただし、株主優待の使用は不可。

・“しゃぶしゃぶ温野菜”の店内の様子を紹介。
通常のテーブル席の他に個室があり、“禁煙席”と“喫煙席”に分かれている。

・“しゃぶしゃぶ温野菜”では“アラカルト(単品)”にするか“食べ放題”にするか選択できる。
肉料理や野菜の他に、“梅肉と軟骨の和え物”などのおつまみ料理、“カレーライス”のようなガッツリ系の食事メニューもある。

・嬉しいことに、“生卵”は無料オプション。
タダで何個でも無料で食べ放題だ!

・しゃぶしゃぶはそっちのけで、無料の“生卵”を何度も追加オーダーし、卵かけごはんばかり食べてしまった…
店員さんに怒られるかもしれないけど、ごはん(120~280円)だけ注文すれば卵かけごはんが食べ放題だ!
これは凄い…


↓公式ブログ
Free-Style(フリースタイル)

 


 


この記事は3/19(日)に“しゃぶしゃぶ温野菜”でディナーをした時の食レポとなります。
client_upload_689_1404868936546


■株式会社レインズインターナショナルについて
食レポの前に少しだけ株の話を。
“しゃぶしゃぶ温野菜”はコロワイドグループであるレインズインターナショナルが運営しています。

コロワイドグループ関連の記事
アトムの株主優待を使って「にぎりの徳兵衛」にてランチ、ランチメニュー以外の寿司も食べてみた
アトムの株主優待で「にぎりの徳兵衛」の寿司ランチ

かっぱ寿司に行ったらコレを食べよう!100円でお得に美味しく寿司を食べる方法を、“かっぱ寿司”の株主である私が伝授!
アトムの優待を使ってかっぱ寿司を食べる、というのがマイブーム 100円寿司で元を取るための食べ方とは

過去に記事にしてきた“にぎりの徳兵衛(アトム)”や“かっぱ寿司カッパ・クリエイト)”
の兄弟的存在の企業です。
ただ、コロワイドグループではあるものの株主優待は使えません。
これはちょっと難点ですねぇ…

今回は株主優待とはまた別の話で、別件の仕事として利用しました。


■“しゃぶしゃぶ温野菜”の店内の様子
“しゃぶしゃぶ温野菜”では、通常のテーブル席の他に個室が用意されています。
今回利用した店舗では“禁煙席”と“喫煙席”に分かれています。
日曜日の夜遅くに利用しましたが、満席で激混み。
お好みの席で食事をする為にも、事前に予約しておくことをおススメします。

レジ前の待合席
NCM_0181

店舗内通路
NCM_0179

NCM_0176

今回利用した個室(喫煙席)
NCM_0175
タバコは吸わないのですが、激混みだったのでやむを得ず喫煙席に。
タバコの臭いはほとんどなかったです。
NCM_0156
テーブル中央にIHヒーター、注文ははじめ“アラカルト(単品)”にするか“食べ放題”にするか店員さんが聞きに来ます。
それ以降の注文は全てタッチパネルでのオーダーとなります。

今回は時間がなかったので、アラカルトでの注文に。


■“しゃぶしゃぶ温野菜”の食レポ、“生卵”が無料で食べ放題は嬉しい!

“すきやき風だし”と“昆布だし”
NCM_0157
最初の注文が済んだ後は、“だし”が運ばれてきます。
メニュー表にある“だし”から、好きなものを2つ選びます。
“だし”は期間によって内容が変わりますし、中には追加料金が必要なものもあるので注意が必要です。

ハイボール(500円)とりんごジュース(280円)で乾杯!
NCM_0159NCM_0160
ドリンクは単品の他に“飲み放題”があります。
アルコール飲み放題は1,500円、ソフトドリンク飲み放題は380円です。

夕採れレタスの野菜盛り(580円)
NCM_0161
シャキシャキのレタスが1玉、あと人参と水菜、白菜と味えのきのセットです。

牛カルビ(490円)
NCM_0163
まぁ、いたって普通サイズという感じです。

しゃぶしゃぶを始める直前の風景
NCM_0164
ではでは、しゃぶしゃぶ開始です(笑)

ライス(中)(180円)
NCM_0165
肉と言えば“ご飯”、そしてすきやきと言えば“生卵”です。
この“生卵”ですが、嬉しいことに無料のオプションです。
何個でも“無料”で注文できるので、何ともコスパが高いメニューです!
コレステロールが気になるところですが…)

カレーライス(ハーフ)(180円)
NCM_0166
具材少なめのシンプルなカレーライス。
味は昔懐かしい“ボンカレーゴールド 甘口(180g)【ボンカレー】”に似たような素朴な感じで美味しかったです。

しめじ、まいたけ、チンゲン菜(各180円)
NCM_0167
たまねぎ、おふ(各180円)
NCM_0171
しいたけ、水菜(各280円)
NCM_0169
追加で注文した野菜たち。

梅肉と軟骨の和え物(280円)
NCM_0170
不思議な感じのおつまみ系メニュー。
まずくはないですけど、イマイチだったかな(笑)

食事中盤の風景
NCM_0168

デザートの雪見だいふく(180円)
NCM_0174
外食としては珍しい“雪見だいふく”があります。
大好きなメニューなので思わず注文(笑)

ということで、こんな感じで“しゃぶしゃぶ温野菜”のディナーを楽しんできました。
今回のお会計は4,000円ほど。
食べ放題の方がコスパ高いですが2人で6,000円もかかってしまいます。
大食いでお腹減っている時だったら元が取れそうですが、今回は無理なようなのでアラカルト注文。

でも正解でした。
まさか“生卵”が無料だとは思わなかったので、次々に注文して卵かけごはんばかり食べてました(笑)
ごはん(大)だけ頼んで卵かけごはん食べ放題を楽しむっていう方法もアリなのかなぁ??
でも店員さんに怒られるか(笑)
もしごはんだけの注文OKなら、ごはん(大)280円の注文だけで“しゃぶしゃぶ温野菜”が楽しめますね(笑)

ということで、こんな感じで“しゃぶしゃぶ温野菜”を楽しんできました!

 

↓公式ブログ
Free-Style(フリースタイル)

 

“カルラ”の株主優待を使い、和風レストラン“まるまつ”で晩酌。ハッピーアワーを利用すると“アルコール”と“一品料理”が半額になりとってもお得に!


この記事を簡単に言うと

・先月3/25(土)に、“カルラ”の株主優待を使い、和風レストラン“まるまつ”で晩酌をしてきたので、その時の様子を紹介。

・店舗限定となるが、15~21時に“アルコール”と“一品料理”が半額になるキャンペーンを実施している。
例えばビール中ジョッキ580円が290円に。
冷奴だと158円が80円となり、とてもお得なキャンペーンだ!

・今回は“ハイボール”をはじめアルコール類は3杯、料理は冷奴やイカゲソ揚げなど7品の料理で晩酌を楽しんだ。
これだけ飲み食いしても2人で1,800円ほど。

・お会計は株主優待2枚(500円券×2枚)を使い、差額の800円を現金で支払った。
1人400円でこんなに楽しめる“ハッピーアワー”と“カルラの株主優待”は凄い!


↓公式ブログ
Free-Style(フリースタイル)

 



この記事は3/25(土)に、“カルラ”の株主優待を使い、和風レストラン“まるまつ”で晩酌した時の様子の食レポとなります。
785cc6eb

↓カルラの株主優待・まるまつ関連の記事
“カルラ”の株主優待を使い、和風レストラン“まるまつ”で休日のランチを楽しんだ! 無料でスープ飲み放題&お新香食べ放題で、コスパが高い!
“カルラ”の株主優待を使って、和風レストラン“まるまつ”のランチを堪能!


■ハッピーアワー(15~21時)だと、“アルコール”と“一品料理”が半額に!
過去の記事でもちょっと紹介しましたが、和風レストラン“まるまつ”では土日関係なく毎日“ハッピーアワー”というキャンペーンをしています。
店舗限定となりますが、15~21時に、“アルコール”と“一品料理”が半額になります。
これはとてもお得!
NCM_0194

NCM_0195
“一品”が表示価格の半額です。
となると、“冷奴(158円)”が80円に…
安っ(゜-゜)!!


■“まるまつ”のハッピーアワーで晩酌を楽しむ!
ではでは、さっそくこの時の食レポです。

ハイボール(200円)で乾杯
NCM_0197
わさび風味のスナックが付いてきますが、“お通し代”は取られません。
これはさらに嬉しい!

冷奴(80円)
NCM_0198
ハイボールと冷奴を注文しても300円くらいです。
下手するとチェーンの居酒屋の“お通し代”より安いんじゃないかな…

イカゲソ揚げ(150円)、ポテトフライ(100円)、甘海老のから揚げ(180円)
NCM_0199

NCM_0201
安くてあまりにも嬉しかったので、嫁が次々と注文。
これだけ飲み食いしても700円ちょっと。

清酒(200円)、グレープフルーツサワー(200円)
NCM_0202NCM_0203
私も気分が良くなってきたので、“清酒”と“グレープフルーツサワー”を追加注文。
ハイボールと合わせて3杯も、600円って…

清酒宮城県の地酒“真鶴 山廃純米酒1800ml”の180mL(1合)瓶詰め。
甘めでスッキリとした味わいで、私好みのお酒でした。
ちなみにこちらは“冷”か“熱燗”が選べます。

漬け物2点盛り(130円)
NCM_0204
もう安すぎて笑いしか出ません(笑)

枝豆(130円)
NCM_0206

マグロ山かけ(200円)とご飯(100円)
NCM_0205
“マグロ山かけ”もハッピーアワーの半額の対象。
ハッピーアワーの対象外ですが100円の“ご飯”を一緒に注文すれば、300円の山かけ丼のできあがり!

食事終盤の様子
NCM_0207
ちょっと酒を飲んで帰るつもりが、本格的な夕食に(笑)
さて、こんなに飲み食いしたんですが、お会計は2人で1800円ほど。
株主優待券2枚(500円券×2枚)を使い、差額の800円は現金で支払いました。
なので、1人あたり400円の晩酌に。

“まるまつ”のハッピーアワーと“カルラ”の株主優待、凄過ぎます…

 

↓公式ブログ
Free-Style(フリースタイル)

 

エー・ピーカンパニーが運営する「塚田農場」、福島県の“福島県駅前通り店”に行ってみた!若い女の子が浴衣姿で対応してくれるので、ある意味“コスプレ居酒屋”

この記事を簡単に言うと

・先月3/12(日)に、エー・ピーカンパニーが運営する「塚田農場」に行ってきたので、その時の様子を紹介。

エー・ピーカンパニー東証1部に上場しており、年1回優待券が貰える。
権利月は3月で、およそ9万円前後の投資で3,000円の食事券が送られてくる。

・今回は福島県福島市にある“福島駅前通り店”を利用。
福島駅から徒歩5分くらいにあり、アクセスはとても良好。

・“塚田農場 福島駅前通り店”の店内外の様子、“塚田農場”のメニューについて紹介。
中でも“ればテキ”や“ミックス盛り”が特にお勧め。

・“塚田農場”を利用する毎に“主任”→“係長”→“課長”といった具合に昇進し、その役職名で呼んでくれる。
他の居酒屋にはない珍しい接客をしてくれる。

・塚田農場の女性ホールスタッフは皆浴衣姿。
若い女子が多く笑顔で対応してくれるので、ある意味“コスプレ居酒屋”だ!


↓公式ブログ
Free-Style(フリースタイル)

 



先月3/12(日)に、エー・ピーカンパニーが運営する「塚田農場」を視察してきたので、その時の感想に関する記事です。
973ffd5d


エー・ピーカンパニー株主優待について
今回紹介する「塚田農場」は、東証1部に上場しているエー・ピーカンパニーが運営してます。

エー・ピーカンパニーに関する記事
居酒屋系の株式保有者は必見!「鳥貴族になりたい」競合の仁義なき模倣合戦

「居酒屋「塚田農場」、既存店33カ月割れの理由。地鶏ブーム終焉で焼き鳥店に転換も」 飲食の優待銘柄を保有している投資家は必見!

エー・ピーカンパニー株主優待制度を設けています。
年1回と、飲食系銘柄としては物足りない回数ですが、株価の低下もありまずまずの優待利回りです。

【権利月】 3月

100株以上 ご優待券3,000円(※1) または お米券3kg分(※2)
※1 自社グループの直営店舗でご飲食代金としてご利用可。ライセンス店舗(じとっこ、じとっこ組合)ではご利用不可。
※2 お米券とのお引換えをご希望される場合は、封入されたご優待券全てをご返送いただきますと、お米券をご送付いたします。

【10年チャート】
チャート

【指標】
shi

【決算推移】
uri


■“塚田農場”の店内外
企業と株の話を少ししたところで、今回利用した“塚田農場”の店内外の雰囲気の紹介です。
今回は福島県福島市にある“福島駅前通り店”に行ってみました。



店頭の様子
NCM_0015

NCM_0016

塚田農場、店内の様子
NCM_0017
浴衣姿の女の子がちょっと写ってますねぇ~
こんな感じで、思わず目線が行っちゃいます(笑)
女の子の浴衣姿は可愛いですからねぇ~
他の居酒屋では体験できない、ちょっとした楽しみです!

メニュー表
NCM_0029

NCM_0030
こんな感じで、“塚田農場”は地鶏のメニューがメインとなります。
他にも“塚田農場”でだけしか味わえない珍しいメニューも。
NCM_0031

NCM_0032

NCM_0039
鶏、鶏、鶏のオンパレードです。
鶏好きにはたまらないメニューばかり。
その他、鶏以外のメニューも豊富にあります。
NCM_0040

NCM_0041

NCM_0046


■“塚田農場”の“ればテキ”や“ミックス盛り”が特においしい!
では、“塚田農場”について紹介した所で、今回の食レポです。

お通しの“きゅうり”と“キャベツ”
NCM_0019
採れたての新鮮野菜をそのままで食べることができます。
肉料理を食べる前には嬉しいサービス!
野菜は、“塚田農場”特製のみそで頂きます。
NCM_0023

NCM_0024

鶏皮ポン酢(480円)
NCM_0062
歯ごたえがしっかりしていて、ポン酢のさっぱりした感じが何とも言えません。

ればテキ(680円)
NCM_0065
これはなかなか良かったですよ!
ボソボソした感じがなく、新鮮そのもの。
“塚田農場”に行った際は、ぜひ注文して欲しい一品です。

ホルモン炭火焼(860円)
NCM_0067
コリコリ感がしっかりしていながらも、肉が柔らかいのできちんと噛み切れます。
炭火の風味がウマい具合に絡んでいます。
お好みでレモンを。

2杯目の日向夏モヒート (550円)
NCM_0075
1杯目は定番の“ハイボール
そして2杯目はこちらのモヒートです。
肉料理で口の中が油まみれになった状態での“モヒート”は、お口直しにピッタリ!

塚田流ミックス盛り(780円)
NCM_0072
様々な部位の生肉たたきと野菜の盛り合わせ。
卵をつぶして混ぜてそのまま頂きます。
“塚田農場”でしか食べれないこちらの“ミックス盛り”は、注文必須の一品でしょう。

馬刺しねぎまみれ(750円)
NCM_0074
鶏だけでなく馬肉も新鮮そのもの。
価格の割にはそれなりのボリュームがあります。

日本酒・山の井
NCM_0070
こちらは福島県会津地方の地酒“山の井”
甘さ「-2」の、結構甘めのお酒です。
コレもなかなかの味。

こんな感じで初“塚田農場”を堪能してきました。
料理は申し分なくグッド!
さっきも言った通り“ればテキ”や“ミックス盛り”はぜひおススメです!

さて、この“塚田農場”ですが、ご存知かとは思いますが接客が独特です。
“塚田農場”のリピーターは順に“主任”→“係長”→“課長”といった具合に昇進し、その役職名で呼んでくれます。
ま、個人的にはどうでもいいことですが(笑)

何より、若い女の子が浴衣姿で接客してくれるんですから、ある意味“コスプレ居酒屋”です(笑)
それ目的で通ってる人もいるんじゃないかなぁ…

ということで、“塚田農場”は結構コスパが高めのお店でした。
先月はエー・ピーカンパニーをきちんと権利確定してますので、株主優待が届くのが楽しみです。
 
↓公式ブログ

毎日90分でメール★ネット★SNSをすべて終わらせる 99のシンプルな方法。これを読めば“スマホ奴隷”や“SNS奴隷”から解放される!


この記事を簡単に言うと

・SNSやネットに対する姿勢を見つめ直す良いきっかけになる本毎日90分でメール・ネット・SNSをすべて終わらせる99のシンプルな方法【電子書籍】[ 樺沢紫苑 ]について紹介。
著者の樺沢(かばさは)氏は精神科医

・本書“はじめに”から、「「スマホ奴隷」「SNS奴隷」になっていませんか?」と「ネットの作業は1日90分にまとめるのが最も効率的な使い方」の部分を紹介。
本書は、具体的にどうすれば「スマホ奴隷」「SNS奴隷」に陥ることなく、効率的に時間を使うことができるのか、をテーマに書かれた本だ。

・1日30分で本物の情報と交流を得る「SNS」の正しい使い方、SNSでやりがちなNG例や毎日を楽しくするSNSの正しい使い方について紹介。


↓公式ブログ

Free-Style(フリースタイル)

 



↓書評に関する記事
はちま起稿~月間1億2000万回読まれるまとめブロガーの素顔とノウハウ~を読んで 創設者“清水鉄平”氏の素顔と経歴は?編

「スモールハウス 3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方」を読んで①、“物を買うよりもやるべきことがたくさんある”編

「好き」をシゴトにした人たち、「公園で老人に話しかけ写真を撮ってできたじんわりと感動的な本」がとても興味深い!

名言セラピー 3秒でもっとハッピーになれる(しあわせセラピー編)

目は若返る 50歳からの眼科治療、を読んで①

サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていく ための29の方法 を読んで①


この記事で参考にした本
毎日90分でメール・ネット・SNSをすべて終わらせる99のシンプルな方法【電子書籍】[ 樺沢紫苑 ]


ブログの宣伝の為にTwitterを使ってますが、宣伝のつもりがついTL(タイムライン)をダラダラと眺め、無駄な時間を浪費することもあります。
読者の方もそういった経験は日常茶飯事にあると思いますが、そういった“スマホ奴隷”や“SNS奴隷”になっているようであれば、時間の使い方を少し見直した方が良いかもしれません。
毎日90分でメール・ネット・SNSをすべて終わらせる99のシンプルな方法【電子書籍】[ 樺沢紫苑 ]という本が参考になったので、紹介したいと思います。
81AfI8LkX1L


■「スマホ奴隷」「SNS奴隷」になっていませんか?
本書冒頭の“はじめに”から引用します。

あなたのスマホは仕事を効率化していますか?
それとも仕事の邪魔をしていますか?
日本人のスマホ保有率が約60%(2014年)になりました。

電車の中を見ても、街中を歩く人を見ても、多くの人がスマホを手にしています。
ビジネスパーソンに限定すれば、頑固なガラケー派以外、ほとんどがスマホを持っている状態です。

しかし、スマホが私達の仕事を効率化しているかというと、かなり疑問です。

本来、便利のはずのスマホが、仕事中にフェイスブックやLINEなどのSNSにアクセスしたり、頻繁にチェックしすぎて集中力が散漫になったり、始めたゲームがやめられなくなったりするなど、仕事の効率を下げる原因になっている人をよく見かけます。

ひどいケースになると、1日6時間以上もスマホSNSを利用する「スマホ依存」「SNS依存」も増えています。

スマホを使いこなしているのではなく、「スマホに使われている」。
SNSを使いこなしているのではなく、「SNSに使われている」、。
あなたはそんな「スマホ奴隷」「SNS奴隷」になってないでしょうか。


本書はこんな感じで書き始められています。
確かに。
私はTwitterを始めた2015年10月頃は、その面白さにハマり1日何時間もTL(タイムライン)を眺めていたりツイートしたりした経験があります。
しかし、1年半使ってみると「twitter依存になると時間を浪費する」という危機感を感じました。

Twitterというのは、信頼性があり役立つ情報があるのは確かなのですが、個人的な“グチ”や“どうでも良いつぶやき”が多いのも事実。
つまり、自分にとっては“全く不要な情報”が多く、必要な情報を手に入れる時間がかかるわけです。
だから「スマホ奴隷」「SNS奴隷」に陥るのもムリはないでしょう。

本書ではそういった“無駄な時間”を少しでも減らすように、スマホSNSとの上手な付き合い方が書かれたものです。


■ネットの作業は1日90分にまとめるのが最も効率的な使い方
14020221
以下も“はじめに”から引用。

私(樺沢 紫苑氏/精神科医)はインターネットで情報発信をしているので、「毎日、何時間もネットをやている」と思われがちです。
しかし、メールやメッセージのチェック、SNSでの交流、ネット上の情報収集の時間をすべて足しても、1日2時間を超えることはまずありません。

メール30分、SNS30分、情報収集30分。
すべてを90分以内にこなすのが、私にとって最も効率的なネットの使い方です。

「本当にそんなに少ないの?」と驚く人もいますが、よほどのことがない限り、根とにアクセスする時間は、毎日90分以内にしています。
日によっては60分程度で終わらせることもあります。
(ただし、フェイスブックやメルマガの長文投稿は、執筆自体はネットにつながずにできる作業なので「90分」の枠外にカウントしてます)

「どうすれば、そんなに効率よくネットを使うことができるのか?」
それを解説するのがこの本の目的です。

インターネットやSNSは使えば使うほど、仕事の効率を低下させます。
ミシガン大学の研究チームの行った幸福度や生活の満足感にフェイスブックが及ぼす影響を測る調査によると、「フェイスブックは長時間やればやるほど幸福度が下がる」という研究結果が出ています。
SNSのやりすぎは、仕事の効率ばかりか私達の幸福度も下げてしまうのです。

私にいわせれば、ほとんどの人はインターネットやSNSスマホを使いすぎです。
そのせいで、「メールやメッセージをチェックしないといけない」「早く返信しなければいけない」「いいね!しなければならない」という義務感がストレスになり、絶え間なく送られてくるメールやメッセージに仕事が中断され、仕事の効率を下げています。

ネットを「使いこなす」のではなく、ネットに「支配」されている。
そんな「ネット奴隷」に陥っている人が少なくないのです。


以上が毎日90分でメール・ネット・SNSをすべて終わらせる99のシンプルな方法【電子書籍】[ 樺沢紫苑 ]の“はじめに”から一部抜粋したものです。
本編では具体的にどうすれば「スマホ奴隷」「SNS奴隷」に陥ることなく、効率的に時間を使うことができるのか、パソコン・タブレットスマホ・ネット・SNSの効率的な活用術が具体的に記載されています。


■本書の構成

第Ⅰ部 デジタルツールの最適な使い方
第1章 なぜ私はスマホを使わないのか?-「パソコン&モバイル」の正しい使い方をまず知ろう!
第2章 たったこれだけで作業効率が10倍高まる「パソコンの環境設定」超入門

第Ⅱ部 デジタルテクニックを極める
第3章 1日30分で見事に終わる「メール&メッセージ」のすごい使い方
第4章 1日30分で必要な情報をチェックする「ネットの見方」はこれだけでOK!
第5章 1日30分で本物の情報と交流を得る「SNS」の正しい使い方

第Ⅲ部 デジタルとアナログを上手につなげる
第6章 デジタル時代でも「あえてアナログ」にすべきもの
第7章 ネットとリアル社会をつなげるイベント参加術&交流術


例えば、第Ⅰ部の第2章“たったこれだけで作業効率が10倍高まる「パソコンの環境設定」超入門”の中では、作業効率のアップが期待できる「絶対に知っておきたいショートカットキーベスト10」が紹介されてます。


他には“メール”と“メッセージ”の長所と短所


こんな感じで色々と具体的な方法が記載されているので、気になった方は毎日90分でメール・ネット・SNSをすべて終わらせる99のシンプルな方法【電子書籍】[ 樺沢紫苑 ]を読んでみるといいですよ。
“ネット”や“SNS”との付き合い方を見直す良いきっかけになります。


■1日30分で本物の情報と交流を得る「SNS」の正しい使い方
SNS
普段からこうやって毎日ブログをアップしたりTwitterをする私にとって、こちらのセクションはとても参考になりました。
「ネット依存」や「SNS依存」に陥りがちな方にぜひ読んで欲しい箇所です。
情報収集と交流を豊かにする「SNS活用術」の部分から引用します。


SNSに書く前に「この話を1000人の前に堂々とできるか?」を自問自答する
SNSは不特定多数の人たちが集う場所であり、自由に出入りする公的スペースです。
誰かが自分のページを訪れ、コンテンツを読んでは立ち去って行きます。

いわば「図書館」のようなものです。
老若男女、職業もさまざまな人が訪れては、そこのある本を閲覧し、立ち去って行くからです。

「図書館」で大声を出す人はいません。
そこは暗黙のルールがあり、みんなそれを守って秩序ある行動をしています。

SNSもネット上の公的スペースという点では同じなので、現実社会で振る舞うのと同じように「節度ある行動」をしていれば、おかしなトラブルに巻き込まれることはありません。

「これを書いて大丈夫かな?」と思ったら、「1000人を前に、その話を堂々とできるか?」と自問自答してみましょう。
1000人の前で話をして大丈夫なことは、1万人がみるかもしれないSNSに書いても大丈夫なことです。



SNSは「ガラス張り」だと心がける
SNSは、いい意味でも悪い意味でも「ガラス張り」です。
自己中心的で腹黒い人間なら、日々の投稿やコメントなどを通して、それが多くの人に伝わります。
しかし、分野の知識が豊富であることや、朗らかで明るい性格、一生懸命やっている社会貢献活動なども同じように、SNSを通じて多くの人に伝わります。

SNSを使えば、自分がどんな人間なのかをたくさんの人に知ってもらうことができます。
自分の長所や特分野をSNSでうまく表現できれば、たくさんの人から認められ感謝される可能性もあります。
つまり、SNSはうまく使えば、他人から承認される「自己実現の場」になるのです。

もちろん、SNSに他人の悪口や誹謗中傷を書いたり、誤解を招くような写真を投稿すると、それも「ガラス張り」なのでたくさんの人に伝わります。
結果として、たくさんの人から批判にさらされ、社会的な制裁を受ける可能性もあります。



SNSは「情報収集」と「交流」の2つに使う
SNSユーザーの目的は何でしょう?
私は数百人のアンケートを集め、100人以上のSNSの個人ユーザーに直接インタビューした結果、SNSの個人ユーザーはたった2つの目的で動いていることがわかりました。
それは「情報収集」と「交流」です。

SNSユーザーの目的が分かると、「SNSで成功するための法則」も見えてきます。
つまり「情報収集」と「交流」がSNSユーザーのニーズなので、やるべきことは「濃い情報発信」と「心のこもった活発な交流」です
この2つを徹底するだけで、SNSで大成功することができます。



SNSの「拡散力」を侮らない
SNS上の「友達」(フォロワー)が20人しかいないから「自分の投稿は20人しかよまないだろう」と思ったら大間違いです。
SNS上に「おバカな写真」を投稿した人たちも、最初は「どうせ親しい友達しかみないだろう」と思っていたはず。

SNSは「口コミ力」「拡散力」がすごいと言われますが、それは影響力のある情報発信者に限ったことではありません。
仮にあなたのツイートが私がリツイートすると、12万人のタイムラインにそのツイートは拡散します。
私がフェイスブックページでシェアすると、最大14万人のニュースフェードに拡散します。

もちろんその全員が読むわけではないでしょうが、シェアやツイートが数回連鎖しただけで、10万人以上に簡単に拡散するのです。
これがSNSの「怖さ」であり、また「すごさ」「魅力」でもあります。



・クリックする前に「この投稿は自分の信頼度をアップするか?」を自問自答する
SNSに文章を書く目的は人によってさまざまですが、悪口やネガティブなコメントを書き込むこと、炎上を目的にしている人はいないと思います。
SNSで友達とつながり、友好関係を深め、結果として「自分のイメージや評価をアップさせたい」。
つまり、「信頼」を得たいというのが目的のひとつのはずです。

にもかかわらず、SNSに投稿することで「自分の信頼を損ねる」とすれば、それは本末転倒な使い方です。
そうならないためにすべきことはひとつだけ。
「投稿する」ボタンをクリックする前に、「この投稿は自分の信頼度をアップするか?」を自問自答すること。
「これを投稿したら、人を不快にするかもしれない」
「反論や批判が書きこまれるのではないか」という不安が少しでも頭の中をよぎれば、投稿してはいけません。


以上5つが、SNSを使って楽しく交流しながら、より精度の高い情報を手に入れる方法です。
TwitterFacebookなどのSNSを利用されている方は、ぜひ参考にしてみてください。


SNSでやりがちなNG例
eb15e05dabcaea9d8389509934d56d3c
次のセクションは“SNSでやりがちなNG例”集。
こちらも結構参考になるので紹介です。


×SNSをやっていても楽しくない
SNSをやっていて「楽しくない」と感じるなら、それは「SNS疲れ」の始まりです。
「楽しくない」ことを貴重な時間を費やしてまでやる必要はありません。
「テクノストレス」の第一歩が「楽しくない」です。


※テクノ不安症
苦手なパソコンが原因で肩こりや頭痛が起きる症状
※テクノ依存症
休憩中や移動中もモバイル機器やネットから離れられない症状
→これらを合わせて「テクノストレス症候群」と呼ぶ


×やることが義務化している
SNSが楽しくない最大の原因は義務化しているからです

フェイスブックの友達の投稿を呼んだら「いいね!」しなくてはいけない
・コメントが入ったら、コメント返しをしなくてはいけない
・LINEのメッセージが入ったら、すぐにメッセージを返さなければならない

そんなルールはどこにもありません。
間違ったルールを勝手につくり上げ、お互いに縛り合っているだけです。
返信が遅れたくらいで期限を損ねる友達は本物の友達ではないので、無理して付き合い続ける必要はないでしょう。



×「みんながやっているから」やっている、目的が不明
「なぜSNSをやるのですか?」と質問すると、「何となく」「みんながやっているから」という人が大勢います。
「自分がやりたいかどうか」ではなく、「他の人がやっているかどうか」を行動の指針にする傾向があるのが日本人です。

自分がさほどやりたくない、たいした目的もないのに、まわりの人がやっているので仕方なくお付き合いで始める。
それがストレスにならないはずがありません。
たいした目的もやりたいこともないなら、無理にSNSをやる必要はありません。



×仕事の生産性を下げている
アメリカの調査に、次のようなデータがあります。

・インターネットにかけている時間の22%をSNSに費やしている
・これは、月に24時間以上SNSを利用している計算
・アメリカだけで1日120億時間がSNSに費やされている
・社会人のうち10人に1人は仕事より多くの時間をインターネットに費やしている
・10.5分に1度はツイッターフェイスブックのメッセージによって仕事を中断され、ふたたび仕事に戻るまでに23分かかる
・これをコスト計算すると、年間6500億ドルがSNSのためにムダになっている
・つまり、企業はSNSユーザー1人につき年間4452ドルをムダにしている

つまり、SNSが仕事を効率化するどころか、仕事の生産性を極端に低下させる「仕事妨害ツール」に成り下がっているデータです。
こんなSNSの使い方が、ビジネスパーソンにとって正しいはずがありません。



×ついつい見てしまう、やめられない
フェイスブックであればニュースフィードやメッセージをついつい見てしまう。
さっき見たばかりなのに、15分おきにチェックしないと気が済まない。
仕事をしていても、いつのまにかSNSを見ていて仕事に集中できない。

ここまでくると「SNS依存症」といっても過言ではありません。
ある調査によると、SNSユーザーの56%が「SNS依存症」だそうです。
SNS」依存は、今後ますます社会問題化していくことが予想されます。
それが私達の学業や仕事を妨害し、健康を損ねる原因になるなら、そんんさSNSはやめたほうがいいのです。

とはいってもやめられない人がほとんどなので、ならば「間違ったSNSの使い方」をやめてください。



■毎日を楽しくするSNSの正しい使い方
ec1
次は、“毎日を楽しくするSNSの正しい使い方”についてです。


・意味のない「いいね!」「コメント」「シェア」はしない
「いいね!」「コメント」「シェア」は積極的に行うべきと言うと、記事を読みもせずに「いいね!」だけを毎日100回200回クリックする人がいます
あるいは朝の投稿に「おはようございます、今日も一日がんばりましょう!」という文章を、たくさんの人にコピペしている人がいます。
果たしてこれが「交流」になるでしょうか。

むしろ逆に、明らかにコピペとわかるコメントは、自分のイメージをマイナスにします。
コメント欄に宣伝・売り込みのURLを貼り付けるのは論外として、投稿内容と関係ないコメントは「スパム行為」とみなされます。
小手先の交流は意味がないどころか、マイナスイメージをもたれかねません。



SNSには悪口を一切書かない-悪口を書いて得することはひとつもない-
SNS上に悪口を書いて得することはひとつもありません。

フェイスブックは実名の世界なので、悪口を書いた責任は、リアルの場で自分がとることになります。
根拠のない誹謗中傷を書けば名誉棄損で訴えられますし、実際に有罪判決も出ています。

良く見かけるのは、フェイスブックで会社名を明らかにしているのに、他の人のコメント欄に悪口や誹謗中傷を平気で書いている人です。

会社の上司や社長がそれを読んだら、どう思うでしょうか。
取引先の人が読めば、「悪口ばかりを書きこむような社員のいる会社とは取引できない」と思うかもしれません。

SNSは、自分の親、兄弟、奥さん旦那さん、恋人、婚約者、息子娘、会社の上司、同僚、部下、取引先、お客さんなど、あらゆる人が見ている可能性があります。

たとえば就職活動で採用担当者が学生のSNSをチェックするのは、いまや常識になっています。
人の悪口ばかりかいているネガティブな人間を採用したいでしょうか。
実名はもちろん、匿名でも悪口は書くべきではありません。
匿名で書きこんでも、ネットは様々な足跡が残り、安易に個人を特定できるからです。



SNSも「自分がされて嬉しい」かどうかを基準に考える
SNSのマナーというと小難しく感じますが、要するに「自分がされて嬉しい」かどうかを基準に考えます。

SNSでも、自分がされて嬉しいことはやるべきで、自分がされて嬉しくない、不快や迷惑に思う事はやらない、そんな当たり前のことを尊守していれば十分です。

たとえば、「おはようございます、今日も一日がんばりましょう!」と書き込む人は、自分にそんな気持ちのこもらないコピペのコメントが10回連続でついたら嬉しいでしょうか。
記事を全く読まず「いいね!」だけをクリックされて嬉しいでしょうか。

SNSでは想像力を働かせることが非常に重要です。

「この投稿によって相手はどう思うか?」「読者はどう思うか?」
そうした想像力、言い換えると「気遣い」をもってSNSを使えば、楽しく交流できることは間違いありません。


といことで、毎日90分でメール・ネット・SNSをすべて終わらせる99のシンプルな方法【電子書籍】[ 樺沢紫苑 ]について主に“SNS”に関することを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
このブログ記事で紹介した“ネット・SNS”に関するノウハウはごく一部。
他にも様々な目からうろこ情報が書かれているので、一読がおススメです。

毎日90分でメール・ネット・SNSをすべて終わらせる99のシンプルな方法【電子書籍】[ 樺沢紫苑 ]




↓書評に関する記事
はちま起稿~月間1億2000万回読まれるまとめブロガーの素顔とノウハウ~を読んで 創設者“清水鉄平”氏の素顔と経歴は?編

「スモールハウス 3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方」を読んで①、“物を買うよりもやるべきことがたくさんある”編

「好き」をシゴトにした人たち、「公園で老人に話しかけ写真を撮ってできたじんわりと感動的な本」がとても興味深い!

名言セラピー 3秒でもっとハッピーになれる(しあわせセラピー編)

目は若返る 50歳からの眼科治療、を読んで①

サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていく ための29の方法 を読んで①